スキー サングラス ゴーグル

Sponsored Link

スキーにサングラスとゴーグルどちらが良い?雪目防止に両方◎

このエントリーをはてなブックマークに追加   

スキーに行くのにサングラスとゴーフルのどちらがよいか悩んでいませんか?

 

ゴーグルのようにしっかり目を保護したほうがいいのか、
サングラスでもいいなら、サングラスのほうがオシャレかも・・・
と決めかねていることと思います。


スキー場での雪目防止にはサングラスでもゴーグルでも構わないのですが、
当日の天気やスキー場の特徴によっても向き不向きが変わってきます。

 

やはりどんな天候でも対応できるのはゴーグルですね。
吹雪いた時でも、スピードを上げて滑るにも、問題なく滑れます。

 

転倒した場合にも安全ですし、いざという時の眼の保護にもなります。

 

一方、サングラスは吹雪いたりスピードを上げると、
横からの風が入るので、風で涙がボロボロ出てしまいがち。

 

ぶつかった時の衝撃には弱いので、飛んで行ってしまうことも考えられます。

 

悪天候になったときには、ゴーグルでもサングラスでも
見えにくくなることには変わりないです。

 

真冬など、吹雪く可能性が高いならゴーグルを選ぶほうが無難ですね。

 

ただ、ゴーグルは顔に密着しているので、
レンズが曇ったり水滴がついたりするのが欠点です。

 

視野もせまくなるので、見えにくくく感じますし、
風のない暖かい日にはうっとうしく感じるかもしれません。

 

ですが、スキー初心者は転倒したり、予想外の動きをしてしまう可能性があるので
安全のためにもゴーグルがおすすめです。

 

それなりに滑れるなら、ゴーグルだと大げさに感じてくるかもしれませんね。


 

ファッション性が高く、オシャレなのはスキー用サングラスが良いでしょう。

 

最近のスキー用サングラスは軽量で割れにくく、横風が入りにくい仕様になっています。

 

極寒期をのぞくシーズンならば、サングラスで十分でしょう。

 

そもそも、なぜサングラスやゴーグルが必要かというと
雪が太陽の紫外線を反射して、紫外線が目に入ることを防ぐためです。

 

雪面では太陽から地上に届いた紫外線のほとんどが反射されてしまうので、
その紫外線を2時間くらい浴びただけでも障害がでるといわれています。

 

ゴーグルやサングラスをしないと、
雪によって目が日焼けのような状態になってしまうのですね。

 

この状態を「雪目」と言います。

 

雪目になると角膜の表層に細かい傷がつき、
強いまぶしさや痛み、涙が止まらなくなります。

 

雪目は1〜2日も安静にすれば自然に治りますが、
その間に感染などをおこさないように抗生物質の目薬を入れたり、
痛みを和らげるために眼軟膏を使ったりして治します。

 

いずれにしても、紫外線は多かれ少なかれ角膜に障害を及ぼすので、
雪山ではサングラスやゴーグルでしっかり目を保護するようにしましょう。

 

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問