緑内障 レーシック

Sponsored Link

緑内障でもレーシックできるか?手術可能だが目薬治療は継続

このエントリーをはてなブックマークに追加   

レーシック手術を受けようと思って病院に行ったら、
緑内障の疑いがあると言われて戸惑っていませんか?

 

今まで緑内障の自覚症状もなかったりすると、
まさか自分が目の病気だったなんてと思うとショックですよね・・・


緑内障は視野が狭くなっていく病気で、
手術をすれば完治するという病気ではないのが辛いです。

 

緑内障と診断されたら、まずは緑内障の治療が優先で、
レーシック手術は控えるように言われることが多いでしょう。

 

ただ、レーシック自体は緑内障であっても技術的には手術可能です。

 

医師が緑内障の患者さんにレーシック手術を勧めないのは、
レーシックを行うと眼圧を測定しても安定しなくなりやすいからです。

 

眼圧の測定値が安定しないと、測定値が信用しづらくなってしまうので、
眼圧が高いことが原因の緑内障の場合はリスクになってしまうからです。

 

また、レーシック手術時にフラップを作る際、眼圧が高くなって
視神経を傷つけてしまう恐れがあるので手術を避ける傾向もあります。


 

一方で、緑内障が発覚しても、点眼治療をきっちり行っていることや
角膜の状態に問題がなければレーシックが可能な場合があります。

 

これは緑内障の症状や眼圧、眼底、隅角検査などの結果を見て、
医師の判断によって決められます。

 

もし、レーシック後に緑内障が進行した場合には、
レーシック手術時の眼の検査データが必要ですので、
医師に依頼して自分の眼のデータをとっておくようにしましょう。

 

そもそも、どうして今まで視野が狭くなっていることに
気が付かなかったのか不思議に感じますよね。

 

普段、両目で視界を見ているので、見えていないところは
逆側の片方の目が見てくれていてカバーしてくれています。

 

そのため、視野が狭くなっていることは、
片目ずつ調べてみて初めて気が付くという人が多いのです。

 

社会人になると、必要に迫られない限り視力検査もしないので、
気付かないうちに症状が進行していた・・・ということがあるのです。

 

特にレーシックは細かく目の検査を行うため、
視力検査のような簡単な検査ではわからないことまで調べるため、
レーシックをする時になって初めて緑内障になっていることに気づく人も多いのです。

 

緑内障は放置するとどんどん進行してしまいますので、
まずは目薬による治療で症状を安定させてから、
レーシックは改めて検討してみるのが良いでしょう。

 

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問