目の疲れ 肩こり

Sponsored Link

目の疲れと肩こりの関係は?|パソコンやゲームのしすぎかも

このエントリーをはてなブックマークに追加   

目が疲れるから肩がこるのか、肩がこるから目が疲れるのか、
どっちか先なのだろう?と思いませんか。

 

肩こりと目の疲れは、いつも一緒にやってきますよね。


 

私の場合は目の玉の奥がギューっと痛くなって、
頭まで痛くなってきたりします。

 

パソコンやゲームに集中していると、
ついつい何時間も画面をずっと見つめてしまうということがよくあります。

 

ずっと同じ場所を見つめていることで、目の焦点が動かないので目も疲れます。

 

また、ずっと同じ姿勢を続けていることで、
首や肩の筋肉が凝り固まって肩こりにもなってしまうんです(泣)

 

私は仕事でパソコン作業をする時間が長いので、
目の疲れからくる肩こりには次のような方法で対応していますよ。

 

目を温めるグッズで目をつむって温める。

電子レンジで温めて使う、目の疲労回復グッズを目の上に載せて
数分目をつむってじっとしています。

 

蒸気でアイマスクなども同じ原理ですね。

 

そういうグッズがなくても、熱いおしぼりで代用できます。

 

さらに熱いおしぼりと冷たいおしぼりを数分ごとに交互に目の上に載せると
温度差のためにさらに血行促進しますよ。


 

目の体操をする

目を上下左右にぐるぐる動かして、
遠くを見たり近くを見たりを繰り返すような目の体操をする。
(目のまわりの血流が良くなります。)

 

両手を上げ下げしてストレッチ

肩に水平にガッツポーズを作って、肩を上げたり下げたりします。

 

手を組んで前後にストレッチ

手を組んで背中を丸めながら前にのばしたり、
伸ばしながら後ろに引っ張ったりします。

 

首を前後左右に倒してストレッチ

首を回したり、前後左右にゆっくり倒して曲げ伸ばしします。

 

その他、日常生活や仕事中に気をつけていることは
・姿勢を良くする
・机とイスの高さをちょうど良い高さに合わせる
・薄着で作業する(着込みすぎない)
・軽い運動を取り入れる

 

といったことがあります。

 

できれば定期的に運動したりして、
筋肉をつけておくと肩こりを予防できるので意識してみてくださいね^^

 

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問