目 けいれん 治らない

Sponsored Link

目のけいれんが治らない|目が開きにくいなら神経の異常かも

このエントリーをはてなブックマークに追加   

目薬を差しているのに目のけいれんが治らない…

 

もしかしたらそれは「眼瞼けいれん」という脳の異常かもしれません。


眼瞼けいれんは目の周りの筋肉がけいれんして目が開けにくくなり、
まばたきがうまくできなくなる病気です。

 

疲れ目やドライアイだろうと思って目薬を差していても症状が改善しなかったり、
目のけいれん以外にまぶたが下がって、目が開きにくくなっていませんか?

 

ただ「目のまわりがけいれんしているだけ」ならば、
眼瞼ミオキミアやドライアイかもしれませんが、
次の簡単なチェックをしてみましょう。

 

・10秒間にできるだけ速くまばたきをする。

 

この後に、

 

1.口も動く
 動かしているつもりはなくても、目を動かすことで
反射的に一緒に口のまわりの筋肉が動いてしまう。

 

2.目のけいれんがある
 まぶたがピクピクとけいれんする。
 けいれんだけでなく、目が開きにくい。

 

10秒間の速いまばたきの時にこのような症状がある場合は
眼瞼けいれんの可能性があります。

 

これを行ったときにまばたきが多かった、少なかったというようなまばたきの回数は、
眼瞼けいれんと関係はありません。

 

目が疲れたりして一時的にまぶたがピクピクするような症状は
眼瞼けいれんのような病気ではありません。

 

眼瞼けいれんだったときは、最初はドライアイのような症状が出ます。
目が乾く、目が痛い、疲れるといった症状が出るからです。

 

これが進行するとまぶたがけいれんすることがある病気です。


けいれんが続いて症状が進行すると、異常なまぶしさを感じたり、
まぶたが開かなくなるなど日常生活に支障が出てきます。

 

眼瞼けいれんの原因は脳神経のトラブルにあります。

 

まばたきをつかさどる脳の神経回路の異常が問題で、
ひどくなると自分の意思でまぶたが開けられなくなったりします。

 

目や涙そのものには異常がありません。

 

症状がドライアイに似ているので見逃されがちですが、
対処方法がドライアイとは違います。

 

精神的な影響もあるので、自宅では症状がよく出るのに
病院に行って先生の前で診察しているときには
症状がでないということもあります。

 

自然には治る事が少ないので、まずはしっかり治療が必要です。

 

眼瞼けいれんならば眉間やまぶたに、
ボツリヌス毒素の注射を打つ治療を行います。

 

費用も1回あたり1万〜3万円程度かかり、
3〜4か月ほど治療を行います。

 

この注射で7〜8割の方は改善するので、
まずは眼科で診察を受けるようにしましょう。

 

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加

目のけいれんが治らない|目が開きにくいなら神経の異常かも記事一覧

目の下がピクピクする原因は睡眠不足?眼瞼ミオキミアの治し方

ある日から突然、目がピクピクとけいれんしたようになって不快な思いをしていませんか?目がピクピクするのも1日〜数日で治ればまだ、気持ち悪いなとか、うっとうしいなと思うくらいで済むでしょう。でも何週間も1ヶ月も…となると、何か病気では??と気になりますよね。ピクピクするのも目の下の下まぶたのほうならば、...

 

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問