レーシック 種類 比較

Sponsored Link

レーシックの種類比較 クリニックでの呼び名の違いで同じ施術も

このエントリーをはてなブックマークに追加   

レーシックを取り扱っているクリニックにはいろんなメニューがありますが、
どれがどう良いのかよくわからないな・・・と思っていませんか?

 

レーシックと言っても、イントラレーシックとか、Zレーシックとか、
いろんな呼び方があるので、違いが分かりにくいですよね。


レーシックは使う機器によっても名前が違ってきますし、
クリニックによっても呼び名が違います。

 

中には、使っている機器は同じだけど、呼び方が違うので
ほぼ同じ施術でも違う種類のレーシックに見えるものもあったりします。

 

レーシックを行う工程は、フラップの作成と屈折異常の矯正の
2種類の工程で手術が行われます。

 

それぞれの工程で使用するマシンやレーザーによって
クリニックによって呼び名が違っていると言って良いでしょう。

 

フラップを作成するマシンは主に、「イントラレーザーiFS」や
「フェムトLDVクリスタルライン」などがあります。

 

イントラレーザーiFSはイントラレース社のフェムトセカンドレーザー、
フェムトLDV(クリスタルライン)はジーマー社のフェムトセカンドレーザー
となっていて、どちらもフェムトセカンドレーザーでの施術です。

 

ジーマー社のフェムトセカンドレーザーのことを品川近視クリニックでは
Zレーシックと呼んだりもしています。
これは独自契約を結んでいるので、フェムトLDVは他の眼科では使用していません。

 

フラップの作成においては、フェムトLDVは角膜面に水平に照射してフラップが作れますが、
iFSフェムトセカンドレーザーは角膜面に垂直に照射されてフラップを作ります。

 

フェムトLDVは従来型のマイクロケラトームと同じように水平に形成されるため、
エッジが鋭角になるのでフラップが不安定になります。

 

そのため、他の術式と比べてフラップ形成不全やエピセリウムイングロース
(黒目部分の上皮細胞がフラップの下に入りこむ状態)になりやすいです。

 

ですが、フェムトLDVクリスタルラインは、
イントラレースの1/7から1/15の照射エネルギーで良いので、
より精度の高いフラップが作れるのが大きなメリットです。

 

一方、iFSフェムトセカンドレーザーは角膜面に対して垂直にフラップが作成されるため、
他のフェムトセカンドレーザーよりも強度もアップし、
ズレにくいフラップ作成ができることがメリットです。

 

どちらも一長一短あり、自分の眼にどちらが合っているかどうかは、
クリニックでのしっかり説明を受けて決めるようにしましょう。


 

また、近視や遠視、乱視などの視力の治療には、
エキシマレーザーと呼ばれるレーザーで治療します。

 

エキシマレーザーの機器は主に、
・アレグレットEX500
・ビジックス・スターS4 IR
・アマリス750S
・ウェーブライト EX500
などが使用されています。

 

エキシマレーザーの性能の指標としてよくあげられるのが、
照射スピードと時間ですが、照射スピードが速く、時間が短いほど
眼への負担が減るため、ハローやグレア、ドライアイの症状を減らすことが出来ます。

 

照射のスピードや時間で見るとアマリス750Sが非常に性能が高く、
手術中の眼球の動きを補正する追尾機能もアマリスは優れています。

 

基本的な性能の差でいえば、一番旧型なのがウェーブライト EX500、
次にビジックス・スターS4 IR、アレグレットEX500と続いて、
一番最新型なのが、アマリス750Sと言えるでしょう。

 

ただ、機器が良いからと言って手術が成功しやすいとも限りませんし、
性能がさほど良いわけではない機種だといっても、
5〜6年目の機器と比べたら格段に良くなっています。

 

また、アイレーシックというレーシックもありましたが、
これは機器の名前からきているわけではなく、商標の一つです。

 

ビジックス・スターS4 IRによるカスタムビュー照射と
iFSフェムトセカンドレーザーを組み合わせて行う場合に
iLASIK(アイレーシック)と呼ぶよう、アボット社が命名した商標です。

 

 

さまざまなマシンや組み合わせでレーシックの施術は行われますが、
結局はクリニックでどれだけ十分な説明を受けられるか、
また、高い技術と経験のある医師に施術してもらえるかどうかが
レーシックの成功のカギを握ると言えるでしょう。

 

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問