猫背 視力

Sponsored Link

猫背は視力が悪くなる?|姿勢を正して距離と血行を改善しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加   

猫背だと視力が悪くなると言われますよね。

 

物心ついた時から猫背だったり、骨格から猫背気味と言われたりすると
猫背は治らないのかなあと思ってしまうことも。

 

猫背は背中や腰が曲がり、頭が前に出るような座り方です。
猫背だと姿勢の悪さから、視力だけでなく体のいろんなところに不調をもたらします。


 

猫背で視力が落ちると言われる原因の一つが、
見るものと目からの距離が近づきすぎてしまうことです。

 

目は近くのものを見ようとすると水晶体の厚みが変動して、
近くにピントを合わせようと毛様体筋が働きます。

 

この状態が長時間続くと、毛様体筋が緊張して
ギュっと締まった状態になり疲労してきます。

 

この目の疲れが取れないまま、近くのものを見続けて毛様体筋を使いづつけると
疲労が溜まって視力低下につながります。

 

猫背だと、姿勢が良い人と比べても10〜20cmくらいは
目とモノの距離が近づいてしまいます。
このように近すぎるものを見ることで、視力低下を招きやすくなるのですね。

 

猫背でも目が良い人もいますが、全体的な傾向としては、
猫背になると視力が落ちる傾向があります。

 

ものを見る時は近づきすぎないよう、
適度な距離をとってみるようにしましょう。


 

また、猫背は血行が悪くなりがちです。

 

脳への血流が悪くなって、酸素や栄養素を補給できないので、
目の疲労回復や目の機能の維持がしづらくなってしまいます。

 

背筋を伸ばして良い姿勢をとることで、全身の血行が良くなるので
目の血行促進にもつながります。

 

猫背だと首から上がうっ血してしまい、その影響で眼圧が高くなり、
毛様体筋が緊張して近視になってしまうという話もあります。

 

中高生だと成長期で背が伸びるときに、
猫背だと身長も伸びにくくなりがちです。

 

また、両目でものを見る時にバランス良くとらえられなくなって、
左右の視力差が生じたり乱視の原因になったりします。

 

このように視力の問題だけでなく、体のさまざまなところに影響が出てきます。

 

猫背を治すには日常生活の姿勢を意識したり、
簡単な運動や動きを取り入れるのが一番です。

 

猫背の矯正ベルトなどもありますが、
そういった道具は短時間の利用に向いています。

 

一日中つけ続けると無理に背中を伸ばすことにもつながって、
腰を痛めたり、体の他の部分に不調を起こしかねません。

 

モノに頼るよりは、自分で「猫背になってるな」と気がついた時に
姿勢を正すようにするほうが、自然に無理なく変わってきます。

 

「姿勢に気づく」→「姿勢を正す」→猫背に戻る→「姿勢に気づく」…
を繰り返すことで、正しい姿勢と筋肉の使い方を体が覚えてきますよ。

 

とはいえ、最初は猫背を正し続けると、
慣れない姿勢で筋肉が疲れるかもしれません。

 

大きく肩を前後に回したりして、
こまめに肩甲骨を伸ばす運動を取り入れてあげましょう。

 

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問