充血 効く 目薬

Sponsored Link

充血に効く目薬に注意!使い過ぎはかえって慢性化する可能性

このエントリーをはてなブックマークに追加   

目を使いすぎて疲れたりすると、
白目が充血してコワい顔になってしまうので困っていませんか?

 

徹夜明けや睡眠不足、長時間のパソコン作業などが続くと、
目に疲労がたまり、目が充血してしまいます。


早くスッキリきれいな目にしたくて、
充血に効く目薬はどれだろうか?と探しているんじゃないでしょうか。

 

ドラッグストアに行けば、いろんなタイプの目薬がいっぱい並んでいて、
一体どの目薬を選べばよいか悩みますよね。

 

市販の目薬には、目の疲れに効くもの、ドライアイに効くもの、結膜炎に効くものなど、
さまざまな目薬が市販されています。

 

それぞれ、症状に応じて選ぶと良いのですが、
目の充血については使い方に注意しましょう。

 

というのも、白目が充血している状態というのは、
血管が拡張している状態です。

 

したがって、「充血を取って白目を白くする」=充血に効く目薬は、
強制的に血管を収縮して血流を悪くさせる効果があるのです。


目薬を使うことで白目が白くなったとしても、
それは一時的に血管が収縮して血行が悪くなっているということ。

 

そもそも血管が広がることは、体が発する何らかのサインですから、
それを無視して充血をとることだけに気を取られていると、
もっと根深い、体全体の問題を見逃すことになりかねません。

 

充血を取りたいからといって、あまりに頻繁に目薬を差していると、
そのたびに血管が収縮して、それに体が抵抗して血管を広げようとしてしまうので、
ひどくなると、常に充血してしまうようになってくるのです。

 

そのため、充血をとる成分が入った目薬を常用しすぎるのは禁物です。

 

充血をとる成分で代表的なものは、

  • エピネフリン
  • 塩酸エピネフリン
  • 塩酸エフェドリン
  • 塩酸テトラヒドロゾリン
  • 塩酸ナファゾリン
  • 硝酸ナファゾリン
  • 塩酸フェニレフリン
  • dl-塩酸メチルエフェドリン

などがあります。

 

こうした成分が入っている目薬については、
症状がひどい時に短期的に使用するようにしましょう。

 

数日たっても症状が改善されない場合は、安易に自己判断せずに、
眼科医を受診するようにしましょう。

 

いずれにしても長期使用することは避けて、
症状が改善したら使用をやめるのがベストです。

 

いくら充血が気になるからといって、一日の点眼回数を守らずに
あまりに高い頻度で使用することは、かえって逆効果になって
慢性的な充血の原因となるので危険ですよ。

 

目の充血をとる目薬の使い方には注意しましょう。

 

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加

充血に効く目薬に注意!使い過ぎはかえって慢性化する可能性関連ページ

市販の目薬は防腐剤が入って危険?
目薬の選び方

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問