ICL 手術 視力

Sponsored Link

ICL手術での視力回復は安全?後房型フェイキックは術後も安心

このエントリーをはてなブックマークに追加   

レーシックに替わる新しい視力回復手術として「ICL」手術が増えてきました。

 

ICL手術はレーシックが不適合だった方でも行える視力矯正手術として、
近年、多くのクリニックで施術されています。


ICLとはレンズの名前で、「Implantable Collamer Lens」の略です。
「移植型コンタクトレンズ」とも呼ばれています。

 

このレンズを目の中に移植(インプラント)することで、近視や乱視などを矯正して
裸眼視力を回復させる視力矯正手術をICL手術と呼んでいます。

 

このレンズは黒目(虹彩)の裏側の後房と呼ぶ位置に固定するので、
「有水晶体後房レンズ」とも言います。

 

「レンズを目に移植する」というと、痛そうとか安全なのか?思いますよね?

 

このICLのレンズはコラマーとういうコラーゲンを含んだ、
人体組織に近い特殊な素材で作られています。

 

そのため目の中に入れても異物と認識されにくく、
拒絶反応を起こすリスクが極めて低くなっているのです。

 

特別なメンテナンスも不要で、目の中で長期間にわたって透明な状態が維持できるので、
長くレンズとしての機能を果たしてくれる、画期的なレンズなんですよ。

 

手術は角膜を数ミリ切開し、その中にレンズを入れる手術です。
切り口が3mm程度と小さいので、目にかかる負担も少なく日帰り手術が可能です。

 

手術時間も慣れた医師なら10分〜15分で施術ができます。
ICLは手軽ですが、レーシックよりは少し時間がかかるでしょう。

 

レーシックは角膜を薄く削ってふたをする手術ですが、
痛くもないし時間もかからないところは似ていますね。

 

角膜を切った傷は術後に炎症を抑える目薬を差すことで、自然に元に戻ります。


【ICL手術の方法】

     

  1. 点眼麻酔を行ったあと、黒目と白目の境目に数ミリ切開する。
  2. 切開したところから、小さく折りたたんだICLを挿入する。
  3. .虹彩と水晶体の間にレンズ(コラマー)を埋め込んで固定します。

 

ICLはレーシックのように角膜を削ったりしないので、ハローやグレアのような
見え方の不具合を起こすことがほとんどありません。

 

夜間や暗いところでの視力もはっきり見えます。

 

日本ではレーシックのほうが先に導入されて普及していますが、
ICL自体は20年以上も歴史があって、
ヨーロッパ、アメリカ、韓国、中国など世界各地で認可され、施術も行われています。

 

日本でも2010年から近視用レンズの使用が、2011年から乱視用レンズが承認されて
施術が行われるようになりました。

 

ICLの良いところは、手術後にもし問題があって元に戻したくなったら
レンズを取り外して元の状態に戻せるところです。

 

レーシックだと削ってしまった角膜は戻せませんが、
ICLは戻せるので安心ですね。

 

また、年齢を重ねてくると誰でも白内障になる可能性があります。

 

レーシックをした目だと白内障になって手術するときに、
思うような視力が得られなくなる場合があります。

 

角膜を削っているので、元々の正確なカーブがわからないからです。

 

レーシック手術をした目の白内障手術についてはこちらを参考にしてください。

 

>>レーシックしたら白内障の手術は受けられない?

 

ICLだと白内障になっても、レンズを外せば元の水晶体に戻るので
白内障の手術をすることになっても問題がありません。

 

ICL手術はレーシックに対して非常に高額な先進医療ですが、
それだけ快適な視力が得られて術後の問題も少ないです。

 

目は一生使う大切な器官です。

 

高齢になってからのことを考えると、
値段は高くても安心な手術だと言えますね。

 

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加

ICL手術での視力回復は安全?後房型フェイキックは術後も安心関連ページ

フェイキックIOLとレーシックの比較
円錐角膜はフェイキックIOLで治る?

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問