飛蚊症 原因

Sponsored Link

飛蚊症の原因 加齢による硝子体の異常や網膜剥離が引き金に

このエントリーをはてなブックマークに追加   

目の前にゴミのような白い糸や黒い糸が飛んでいるように見える「飛蚊症」。
この飛蚊症がどうして起こるのか、原因が気になりますよね。

 

飛蚊症になる原因はいくつかあって、加齢などの生理的なことがきっかけで起こる場合と
網膜剥離などの病気が原因で起こる場合があります。


生理的なことがきっかけで起こる飛蚊症は、
病気とはみなされないのであまり心配はいりません。

 

目の中は透明なゲル状の硝子体で満たされていますが、
その硝子体の中の線維や細胞が光の加減でシワのようになって影になると、
白い糸や黒い糸が浮遊しているように見えてしまうのです。

 

特に、近視の人は眼球が長い人が多いので、硝子体の内部にも空洞ができやすいため
生理的飛蚊症が起こりやすいといわれています。

 

また、年齢を重ねて紫外線を受ける量が増えてくると、
目の中に活性酸素が増えていくことで飛蚊症の症状がでます。

 

若い年代であったり、免疫機能が活発であれば、目の活性酸素は酵素で分解されますが、
年々、酵素の分泌が減ってくるので酸化が進み、しだいに飛蚊症の症状が出るようになってきます。


 

こうした飛蚊症の症状は生理的な飛蚊症と言われています。
飛蚊症を発症する人のうち、多くの人はこの生理的飛蚊症です。

 

一方、病気の症状として発症する飛蚊症には注意が必要です。

 

加齢に伴って起こる飛蚊症のうち、硝子体の中の液体も変化してしぼんでいきます。
すると、網膜に引っ付いていた硝子体がはがれていくことが起こります。

 

すると硝子体に網膜がひっついて取れてしまうので、網膜剥離を起こしてしまいます。

 

網膜剥離が起こると、はがれた部分の網膜細胞が眼球内を浮遊したり、
網膜のはがれで起きた出血が硝子体にかかると飛蚊症のように見えます。

 

網膜剥離は今は治療法も良くなってきてはいますが、
失明しかねない病気と言われていますので、注意が必要です。

 

出血するタイプの飛蚊症を放っておくと、血液が組織に吸収されるので
症状が改善されたように感じるかもしれませんが、実際は全く変わっていません。

 

異常を感じたらすぐに眼科を受診して、症状の原因を確認するようにしましょう。

 

生理的な飛蚊症であれば大きな対処は必要ないかもしれませんが、
網膜剥離などのほかの病気を引き起こす元となってはいけませんので、
気になる症状が現れた時は、すぐに病院を受診するようにしましょう。

 

>>飛蚊症の経験者談

 

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加

飛蚊症の原因 加齢による硝子体の異常や網膜剥離が引き金に記事一覧

飛蚊症を予防するには?視野に時々黒い点が見える人の対処法

目の前に蚊が飛んでいるようにみえる「飛蚊症」ですが、少しでも進行を遅らせ、これ以上飛蚊症が進まないようにするには東洋医学や民間療法を取り入れるのも一つの方法です。飛蚊症はついつい軽く見ていると、1割は失明の恐れがある恐ろしい病気です。飛蚊症の原因は硝子体の老化と言われていますが、現代の医学では硝子体...

 

飛蚊症にルテインが効果的 硝子体の老化を防ぐハーブで予防

ルテインが飛蚊症に効果的と言われていますが、なぜこの成分が効果があるのか気になりますよね。目の前をチラチラと黒い糸くずのようなものが飛ぶ飛蚊症。一度発症すると、良くなるということはなく、悪化を食い止めることも難しいと言われています。飛蚊症は硝子体の老化によって起こる症状なので、「歳をとらないようにす...

 

飛蚊症の発症と付き合い方 【経験談】

■飛蚊症の経験談 (Mさん 20代 主婦)はじめの頃、夜ベッドに横たわった時にふと壁を見て「虫が飛んでる。壁にゴミがついてる」と思いました。しかし、実際には虫やゴミがついている事はなくて見間違い。そんな事が何度も続き、そのうちずっと黒いものが飛んでいる様に見え始めました。怖くなり近くの眼科に行ったと...

 

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問