子供 メガネ

Sponsored Link

子供にメガネは必要?|子供用メガネで気をつけること

このエントリーをはてなブックマークに追加   

お子さんの視力が低下してきて、
メガネが必要かどうか考え始めていませんか?

 

小学生くらいまでは文字を読む機会も少ないので、少々の視力低下ならメガネは作らず、
目が悪くなる原因から遠ざかることで低下を防ぐようにするといいでしょう。


子供は大人と違って車を運転したり、パソコンに長時間座っていることもないので
日常生活なら裸眼で過ごせると思います。

極力、目を休憩させてあげて、乾燥に気をつけてあげるとよくなりますよ。

 

そうはいっても視力検査で0.6を下回ってきたら、
小学校なら黒板の字が見えなくなってくると思うので
メガネの購入についても考え始めると良いと思います。

 

視力矯正の道具として、メガネかコンタクトレンズかを選ぶと思いますが、
中学校以下のお子さんならメガネになると思います。

 

眼科医の先生によって意見は分かれますが、
コンタクトは小学校高学年(6年)からという先生と中学校になってからという先生がいます。

 

子供は遊んだままの汚い手で目をこすったりすることも多くて
目に雑菌が入ったりすると病気のもとになります。

 

コンタクトにするとしてもソフトよりはハードレンズのほうがトラブルも少なく、
酸素透過率もハードのほうが良かったりしますよ。

 

子供の場合はまずはメガネと思っておいて良いでしょう。

 

メガネにするとして、子供用メガネをどう選べばよいでしょう。


 

どのお店で作るのがいいか?

レンズは一流メーカーの物が良いか?

安いものではダメなのか?

どんなフレームが良いか?

 

など、わからないことが多いと思いますが、
お子さんは遊び盛りで動きも激しいので、壊れた時にすぐ修理に行ける
近場のお店にしておくのをおすすめします。

 

大人ならメガネが壊れたりゆがむことは少ないですが、
子供のメガネは扱いが雑になりやすい分、修理しやすいことが大事だったりします。

 

レンズもメーカーは一流でもお手頃品を選ぶなど、安さを追求しすぎて
質を落とすことがないよう気をつけてあげてください。

それなりのメーカーのほうがゆがみも少なく、結果的にコスパが良くなります。

 

HOYA、SEIKO、ニコンあたりのメーカーは一流レンズみたいですね。

 

丈夫さの点でも、フレームは樹脂のものでかけやすくて壊れにくいものを選ぶといいです。

 

買い替えの頻度は半年〜1年くらいになる場合もありますので、
それなりに出費もかかります。

最初からあまりに高級なものを揃える必要はないと思いますよ。

 

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加

子供にメガネは必要?|子供用メガネで気をつけること記事一覧

子供用メガネに保険がきく場合|9歳未満なら要チェック

子供用のメガネに保険が適用される場合があるのを知っていますか?9歳未満のお子さんで、弱視、斜視、先天白内障の手術後などの治療に必要だと医師が判断した場合、メガネやコンタクトレンズが療養費の支給になります。通常の近視や乱視などではダメですが、弱視が原因の近視などは対象になる可能性があるので、眼科医さん...

 

子供用メガネのおすすめは?|成長に合わせてメーカー選びを

子どもが視力検査で0.6以下だったり、黒板が見えににくなるとメガネの購入を考え始めますよね。子どもにとってメガネをかけることは、精神的に大きな重荷になりやすいので、眼科の先生でも子どものメガネを処方するときは、本当に必要なのかを考えてから処方するそうです。近視で視力低下が軽い時はすぐにメガネをかけな...

 

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問