フェイキックIOL 強度近視

Sponsored Link

フェイキックIOLで強度近視を治したい|レーシック不適合でも◎

このエントリーをはてなブックマークに追加   

強度近視でも最強度の-10.0D以上になってくると、レーシックは受けられないし
コンタクトも酸素透過性の悪いタイプしか選べなくなってくるし困ります。

 

ソフトコンタクトも20年、30年とつけ続けていると、角膜が薄くなって
コンタクトすら使えなくなってくる時がくるかもしれません。


強度近視を治したいけどレーシックが不適合だった場合には、
医師からフェイキックIOLを勧められることが多いんじゃないでしょうか?

 

「フェイキックIOL」は眼の中に眼内レンズを入れる方法で、「有水晶体眼内レンズ」とも呼ばれます。

 

フェイキックとは「水晶体を残したまま」という意味で、その名のとおり水晶体も全く傷つけず、
そのままレンズを装着することが出来るのが特徴です。

 

「IOL」とは「イントラオキュラー(眼内の)レンズ」の略で、英語で眼内レンズを意味しています。

 

ちなみに、眼内レンズにはいろいろな種類があって、視力矯正の用途だけではありません。

 

水晶体をとって埋め込む眼内レンズと、
水晶体はそのまま残して装着できる眼内レンズの2種類があります。

 

前者は白内障などで水晶体が濁った時に、
水晶体を取り出して入れる眼内レンズとして使われています。

 

水晶体はそのまま残して装着できる眼内レンズが視力矯正に使われています。

 

さらにフェイキックIOLには「前房型レンズ」と「後房型レンズ」の2種類があります。
「前房型レンズ」は角膜に近い所にレンズを入れるため
長期的には角膜に影響が出てくることが分かってきたので、
現在は「後房型レンズ」のほうが主流です。

 

後房型フェイキックレンズは「ICL」と呼ばれるもので、
最近は乱視矯正用のとーリックICLも出ています。


 

<ICLのメリット>

  • 強度近視でレーシックができない人でも手術ができる
  • 水晶体を残し、水晶体の上にレンズをのせるだけなので、何か問題が生じても取り出せばもと通りにすることができる。
  • 収差と呼ばれるゆがみが減って、シャープに見える
  • ドライアイになりにくい
  • 目によくなじみ、ハローやグレアのような光のにじみやぎらつきはほとんど抑えられる。
  • 紫外線吸収剤が含まれているので、紫外線A波、B波をブロックすることができます。

 

フェイキックIOLにはこうしたメリットがあるので、強度近視の方でも安心して行えます。

 

ただ価格が高いのがデメリット。

 

一般的には両目で70万円以上、高いところは100万円前後かかるところも。

 

メリットとデメリットを比べて、納得できる方法を選んでくださいね。

 

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加

フェイキックIOLで強度近視を治したい|レーシック不適合でも◎記事一覧

フェイキックIOLはレーシックと比較してどう?悲観的な病院が◎

角膜が薄くてレーシックを断られてフェイキックという方法を勧められたけど、いったい「フェイキックIOL(ICL)ってどうなの?と思っていませんか?角膜が薄かったり、強度の近視だとレーシックを受けたくても不適合になってしまいます。角膜が薄いとあまり角膜を削れませんし、近視の度合いが進んでいるとレーシック...

 

ICL手術での視力回復は安全?後房型フェイキックは術後も安心

レーシックに替わる新しい視力回復手術として「ICL」手術が増えてきました。ICL手術はレーシックが不適合だった方でも行える視力矯正手術として、近年、多くのクリニックで施術されています。ICLとはレンズの名前で、「Implantable Collamer Lens」の略です。「移植型コンタクトレンズ」...

 

円錐角膜はフェイキックIOLで治る?角膜リングとの違いとは

病院でフェイキックIOLの手術を勧められたものの、治療費も高いので他にも良い治療法はないかと探していませんか?円錐角膜は症状の程度によって治療法が変わってきます。今、メガネやハードコンタクトレンズで矯正しているようなら、中程度の症状でしょう。コンタクトでの矯正が追いつかなくなってきたら、やはり何かし...

 

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問