レーシック 違い

Sponsored Link

レーシックの違いって何?マシンの性能や手術方式の差で決まる

このエントリーをはてなブックマークに追加   

レーシックを行っているクリニックのホームページを見ていると、
レーシックの種類がいろいろあって分かりにくいと思ったことはありませんか?

 

○○レーシックとか、○○レーザーとか、書いてあるものの、
値段の違い以外は、何がどう違うのかわかりにくいですよね。


結局、値段や近視の度合いで「なんとなくよさそう」という理由で
レーシックのタイプを選んでしまいがちです。

 

「一番安いのよりはもう少し良い(高い)やつにしとこう」と金額だけで決めたり、
クリニックが勧めるままに決めてしまったせいで、
術後に「こんなはずじゃなかった・・・」ということのないようにしたいものです。

 

レーシックでは大きく分けて2つの工程があります。

 

1つはフラップを作る工程です。

 

まず、フラップを作るためにマシンにもいくつかあります。

 

【フラップを作成するマシン】

 

◆マイクロケラトーム
レーシックの技術はこのマイクロケラトームから始まりました。
マイクロケラトームのヘッドには金属ブレードが取り付けられていて、
ブレードが高速で往復運動した状態でヘッドが動いてフラップが作られます。

 

初期型はフラップのヒンジ部分(接合部分)は直線的に動き、
目頭側に作られていましたが、額側にヒンジがあるほうが安定するため、
最近は額側にフラップが作られる回転型のものが主流です。

 

マイクロケラトームはレーシックの初期から行われていた方法のため、
長く使われており、実績も多いです。
ただ、各人の角膜の形状によって厚さが一定しません。

 

フラップが厚くなりがちで、鋭角なフラップエッジしか
作る事が出来ないのが難点です。

 

角膜が安定するかどうかは、その厚みとフラップのエッジに左右されますが、
フラップが厚く、その下の残った角膜の部分が薄いと
角膜の形が眼圧の影響を受けて変動します。

 

また、フラップのエッジが鋭角なので、
その後のエキシマレーザーの照射後にフラップを元の位置に戻しても
フラップがずれやすく、シワや乱視の原因になりやすいです。

 

近年ではそうしたデメリットを解消して極薄のフラップが作れるタイプや
日本人の眼のサイズにあったマイクロケラトームがh開発され、
各クリニックで利用されています。


 

◆フェムトレーザー
フェムトレーザーはマイクロケラトームよりも薄いフラップが作れるため、
近視の度数が強い人でも手術が行えるのがメリットです。

 

マイクロケラトームに変わって2001年に
フェムトセカンドレーザーが開発されました。

 

このレーザーのことを「イントラレーザー」といい、
イントラレース社が開発に初めて成功しました。

 

その最新機種であるiFSを使ったレーシックが、
フェムトレーザーレーシックです。

 

そのため、クリニックによっては「イントラレーザー」と呼んだり、
「フェムトセカンドレーザー」と呼んだりしています。

 

フェムトレーザーは重い近視の方に向いています。

 

マイクロケラトームのフラップの厚さが160?に対して、
iFSのフラップは100?です。

 

その厚さに誤差が無く、コンピューター制御でキレイに作られます。

 

フラップが薄くなれば残っている角膜の部分が厚くなるため、
近視の度数が強い人でもレーザー照射が可能になるのです。

 

これまでマイクロケラトームでは治せなかった近視も、
フェムトセカンドレーザーによって治せるようになりました。

 

また、フラップの安定度もマイクロケラトームより上がりました。

 

マイクロケラトームの刃は角膜面に斜めに入るので、
フラップの断面も斜めになり安定性に欠けます。

 

エキシマレーザーを照射すると、フラップが一時的に乾燥して縮小し、
フタをして戻すと水分を吸収して大きくなります。

 

その上面と下面を比較すると極小の段差が生じやすく、
フラップのズレやシワが起こりやすくなるのです。

 

一方、フェムトセカンドレーザーのフラップはエッジが直角に作られるので、
しっかり元の位置に収まりズレやシワが起こりません。

 

 

【照射するレーザー】

 

◆エキシマレーザー
エキシマレーザーは角膜にほとんど熱を与えず、
周辺組織にも0.2?の軽微な影響しか及ぼさないので、
近視や乱視、遠視といった屈折異常の治療に用いられるようになりました。

 

エキシマレーザーの性能はメーカーや機種によって違いますが、
照射スピードや照射時間などに違いが出てきます。

 

照射スピードが速かったり、照射時間が短いほうが
角膜が乾燥しにくいので矯正精度が高まります。

 

とはいえ、スピードが速いから良い、照射時間が短いから良いというわけではなく、
同じマシンでもオプティカルゾーンを変えれば照射時間は変わってくるので、
絶対的な数値と思わず、目安程度に考えておきましょう。

 

照射方法も従来は可変スポットスキャニング方式でしたが、
最近の機種はフライングスポット照射に変わってきています。

 

 

このように、各クリニックではフラップを作るマシンや、
視力矯正を行うマシンでレーザー照射して治療を行っています。

 

レーシックの価格や技術の違いはこうしたレーザーの種類の差や
従来型か最新型かのマシン性能の差にも左右されます。

 

こうした各レーザーの特徴を確認したうえで、
レーシックの説明や手術を受けるようにすると安心ですね。

 

 

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問