新宿近視クリニック 口コミ

Sponsored Link

新宿近視クリニックの評判 リレックスや老眼治療で抜群の実績

このエントリーをはてなブックマークに追加   

新宿近視クリニックは
近視、老眼、白内障に対する最先端の技術で治療ができる
国内でもトップの眼科クリニックです。

 

有名人ではサッカーの本田圭佑さんやタレントの加藤夏希さん
などがここでレーシックを受けたことでも知られています。

 

特にレーシックの最先端治療である「リレックススマイル」を導入していて、
切開幅を2mm程度でレーシックと同様の近視治療が行えるクリニックです。

 

【所在地】
〒160-0021

東京都新宿区歌舞伎町2-46-3 西武新宿駅前ビル7F
(分院なし)

【施術メニュー】近視
ICL (眼内永久コンタクトレンズ)
  • ICL(ホールICL)
  • フェイキックIOL(アルチザン)
  • フェイキックIOL(アルチフレックス)
【管理人のひと言】

新宿近視クリニックは、中央に穴が開いているホールICLと
アルチザン、アルチフレックスの3種類から選べるのがポイント。

 

クリニックによっては、ホールICLのみだったり、
アルチザンやアルチフレックスだけだったするので、
説明を聞いて選べるのはいいですね。

 

また、ICLの価格も都内やその近郊のクリニックの中で、
一番安い価格帯なのも魅力です。

 

スタージャパン社のICL認定を受けた医師が施術するため、
手術料が安くても、技術力には問題はありません。

 

ただ、乱視の方はプラス料金がかかってくるので、
料金で比較すると品川近視クリニックのほうが安くなるかもしれません。

 

ReLEX SMILE (リレックススマイル)
  • ReLEx SMILE リレックススマイル
  • ReLEx SMILE2.0 リレックススマイル2.0

    通常のリレックスと2.0との違いは、切開部分の広さです。

     

    マシンの性能により、通常の切開部分が4mm、
    2.0の切開部分が2mmのため、2.0のほうが合併症が起こりにくいです。

     

    特に2.0は、通常のリレックスよりドライアイが少ないと言われています。

【管理人のひと言】

リレックススマイルはレーシックと同様に角膜を切開しますが、
レーシックのようにフラップを作るのではなく、
4〜2mmほど切開した部分から、角膜の切片を取り除くだけ。

 

そのため、レーシックと比べて切開部分が少ないので、
レーシックで起こりがちな副作用(ハログレア、ドライアイ、近視の戻り)
などが少ない視力矯正方法と言われています。

 

リレックスでも2.0のマシンで治療してもらえるクリニックは、
国内でも数えるほどしかないので貴重です。

 

新宿近視クリニックはリレックススマイル研究会の認定クリニックです。

新宿近視クリニック

レーシック
  • FSイントラレーシック

    イントラレーザーiFSによるスタンダードなレーシックです。

  • iFSイントラレーシックオプティマイズ

    イントラレーザーiFSとAllegretto EX500を組み合わせたレーシック。

  • Custom Fitイントラレーシック

    こちらもイントラレーザーiFSとAllegretto EX500を使っていますが、
    iFSイントラレーシックオプティマイズとの違いは、
    オキュライザーというマシンを組み合わせて
    さらに見え方のクオリティを上げているというところです。

  • Vario Designレーシック

    高性能のレーシックマシン「Allegretto EX500」を使用するレーシック
    強度近視・乱視でも治療が可能な点が特徴です。

  • Max Vario Designレーシック

     リレックススマイルで使用する「VisuMax」で行うレーシック。
    最高品質のレーシックのため、費用もリレックススマイルと同等です。

  • SBKレーシック

    マイクロケラトームによるフラップを作成する術式。一番シンプルで昔からある方法です。

【管理人のひと言】

レーシックはマシンが最新の高性能マシンを使えば使うほど、
費用が高くなるという感じです。

 

乱視、強度近視をお持ちの方は多少術式メニューが限られますが、
どのメニューを選ぶかは、費用や自分の好み、執刀医の判断によるところが多いでしょう。

SBC新宿近視クリニック

老眼
  • 多焦点眼内レンズ(2焦点眼内レンズ)
  • 多焦点眼内レンズ(プレミアム2焦点眼内レンズ(レンティス))
  • 多焦点眼内レンズ(プレミアム3焦点眼内レンズ)
    多焦点眼内レンズの違いは、焦点を合わせる距離を何か所設定するか?によって変わります。
    プレミアムレンズは乱視の方でもOKです。
  • その他の老眼治療(VUE+)

    遠近法を利用した老眼治療で、片目だけ施術します。

  • 白内障手術後の老眼治療(Add Onレンズ)

    白内障の手術をした人で、近視や遠視、乱視がある場合に矯正するレンズです。

【管理人のひと言】

多焦点眼内レンズは医療保険の先進医療特約に加入していれば、
手術費用が全額給付される可能性があります。

検討しているなら保険契約を見直してみると良いでしょう。

老眼治療説明会

白内障
厚労省承認 先進医療対応レーザー白内障手術で、

CATALYS CLEAR VISION(カタリス クリアビジョン)を使用します。

  • コンフォートプラン
  • 2焦点眼内レンズ
  • LENTIS Mplus(レンティスMプラス)
  • LENTIS オーダーメイド(乱視も矯正可能)
  • プレミアム3焦点レンズ

    老眼と同様に焦点の数やレンズの質によって費用が変わってきます。

  •  

  • 従来の白内障手術(多焦点レンズ)
  • 白内障手術(Add Onレンズ)
【管理人のひと言】

レーザー老眼・白内障治療はかなり高額になります。
保険の給付金で補助できるのであれば検討してみても良いと思います。

 

やはり焦点は多いほど自然に見えますが、高額になってくるので費用との相談になりそうです・・・。

新宿近視クリニック

その他の視力矯正方法
  • プラチナLASEK(ラゼック)

    角膜の上皮を薄くめくるだけでフラップを作らない矯正方法。
    格闘技をする人や角膜の厚みが足りない人も出来るのが特徴。

  • オルソケラトロジー

    お子様の近視の進行を抑える等で人気の術式。
    レンズは2種類で乱視の方でもOKです。

  • 角膜強化法(超高速クロスリンキング治療)

    円錐角膜の人におすすめ。
    ただ、近視レーシックを行うためのクロスリンキングはあまりおすすめじゃないです。

  • ICRS角膜リング

    本格的な円錐角膜の治療ならこちらがおすすめ。この治療は全国の眼科でも多く行われています。

【管理人のひと言】

オルソケラトロジーは角膜を切らずに矯正できる方法なので、安心感があっておすすめです。

 

ただ、定期的な診断が必要であったり、レンズが消耗品のため一定期間で買い替えが必要になるので、ランニングコストが気になるところです。

新宿近視クリニック

紹介制度
  • 紹介制度・学割あり

    家族や友人を紹介すると、1万円〜最大10万円の謝礼や割引があります。
    近視手術系は1万円程度が多いです。
    レーザー老眼や白内障手術の謝礼は5万円〜10万円が多く、高額です。

     

    学割は18歳以上の学生で1万円割引。
    対応外の施術もあるのでクリニックで確認してください。

  • 【管理人のひと言】

    割引制度はいくつかのクリニックで行われています。
    ほぼ他のクリニックと同水準ですが、
    レーザー老眼や白内障治療については新宿近視クリニックは手厚いですね。

 

新宿近視クリニックは、先進のマシン、高い技術の医師を揃え、
国内でもトップクラスの症例数をもつ視力矯正クリニックです。

 

ただ、視力矯正専門のクリニックで患者さんもかなり多いので、
「流れ作業的」な対応になりがちなのは残念なところ。

 

口コミでも「流れ作業のように検査された」と答えている人は
多かったですね。

 

また、他の眼科などと比べて、手術した患者数も圧倒的に多いので、
術後の見え方に不満を感じる方も、なかには出てきてしまうのもあります。

 

クリニックが公表しているデータでは、
お客様満足度95%ということなので、
ほとんどが手術結果に満足しているとも言えます。

 

一番のメリットは価格の安さだと思います。

 

これらの高度な視力矯正手術を、
この価格で行っている眼科、クリニックはほとんどありません。

 

コストを抑えて安全に視力矯正できる、
バランスのとれたクリニックであることは間違いないでしょう。

新宿近視クリニックの口コミ リレックスや老眼治療で抜群の実績関連ページ

神戸神奈川アイクリニックの口コミ

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問