ダイビング コンタクト

Sponsored Link

ダイビングでコンタクトでも大丈夫?度付マスクかレーシックが◎

このエントリーをはてなブックマークに追加   

強い近視があると、スキューバダイビングを始めるにあたって、
どのように視力を矯正したら悩んでいませんか?


普段、コンタクトレンズをしていると、水中でズレた時が心配で、
コンタクトのまま潜っても良いものか気になりますよね。

 

基本的にコンタクトレンズは、マスクに水が入ったときに流れてしまう可能性があるので、
スキューバダイビングには不向きです。

 

水深の深いところで視界が見えなくなると、精神的にも落ち着きませんし
危険なのでやめておいた方が無難でしょう。

 

水中では屈折の関係で物が大きく見えますが、近視が強いとはっきり見えないので
この魅力も半減してしまうことと思います。

 

とはいえ、マスクの下にメガネはかけられないので、
度付きの水中メガネにするのが良いでしょう。


 

マスクは近視や遠視用の交換レンズが用意されているものがあります。

 

レンズの度数は普段のメガネのようにきっちり合わせないほうが、水中では楽です。

 

きつい度数を選んでしまうと、水中で気分が悪くなってしまいますので、
少しゆるめくらいで大丈夫です。

 

もし、Cカード講習などなら、事前に申請すれば、
近視用のマスクを用意してくれる可能性もあります。

 

ただ、水中メガネは少し使いずらく感じるかもしれません。

 

水中メガネに度を入れるとなると、
水中メガネをかけていない時間は見えなくなってしまいます。

 

ビーチにいるときや潜る前などは見えていないと不便ですし、
潜る直前にコンタクトを外して度付きマスクにスムーズに変えるタイミングも難しかったりします。

 

ダイビングに慣れてくると、コンタクトレンズを付けたままでも潜れます。

 

そのかわり、マスククリアのスキルを身につけましょう。

 

ダイビングマスクは装着が甘いとすき間ができて、
ダイビング中に海水が入ってしまいます。

 

海水がマスクの中に入ってしまってはコンタクトがズレる原因になりますので、
マスクの中の海水を追い出すマスククリアを練習しましょう。

 

コンタクトを付けたまま潜るなら、使い捨てコンタクトにしておくのが◎

 

うっかり紛失する可能性もありますので、
使い捨てなら無くしたとしてもさほど気にならないですよね。

 

あるいは、スキューバダイビングを頻繁に行うなら、
レーシックで矯正してしまう方法もあります。

 

レーシックなら水圧などの外圧に対しても支障をきたすことがないので安心ですね。

 

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問