フェイキック レーシック 比較

Sponsored Link

フェイキックIOLはレーシックと比較してどう?悲観的な病院が◎

このエントリーをはてなブックマークに追加   

角膜が薄くてレーシックを断られてフェイキックという方法を勧められたけど、
いったい「フェイキックIOL(ICL)ってどうなの?と思っていませんか?

 

角膜が薄かったり、強度の近視だと
レーシックを受けたくても不適合になってしまいます。


角膜が薄いとあまり角膜を削れませんし、近視の度合いが進んでいると
レーシックで角膜を削っても視力回復があまり望めません。

 

最近はレーシックが不適合の人にフェイキックIOL(ICL(後房型))や
ラゼックなどを勧められることが多くなってきました。

 

特にフェイキックIOLは角膜を削ることなく、水晶体をそのままに残して、
もう一枚のレンズを入れることで視力矯正をします。

 

レーシック手術のように角膜を削って角度を変えるのではなく、
目の中にレンズを挿入して強度の近視や遠視を矯正できる方法です。

 

乱視用のレンズも対応できるので、
レーシックでは矯正できなかった視力回復ができるということで、
近年は多くのクリニックで行われるようになってきました。

 

とはいえ、具体的にフェイキックとレーシックの違いが分かりにくいと思います。

 

フェイキックIOLとレーシックを比較すると、次のようなメリットデメリットがあります。

 

【フェイキックのメリット】

  • 角膜を削らずにレンズだけを挿入するので、

    何か問題が生じた時にレンズを取り出せば元の状態に戻すことができる。

  • 「コラマー」というコラーゲンを多く含む素材で、目への適合性が高いので、 

    目の中で炎症を起こしにくい。

  • レンズを挿入する場所が角膜から離れているので、

    ほとんど角膜に影響がない(後房型)

  • 将来、白内障になったときにもレンズを外せば元通りの水晶体に戻るので、 

    白内障手術をする際にも問題がない。

  • 強度の近視や遠視、角膜が薄い、激しい運動などでフラップが損傷するなどの危険があって

     レーシックが受けられない人でも適用できる。

  • 乱視用のレンズもあるので、乱視も矯正もできる。
  • レーシックに比べてグレアやハローが生じにくく、コントラストも鮮明な視力が得られる。

 

【フェイキックのデメリット】

  • 金額が高い。レーシックの3倍以上、平均すると80万くらいが多いようです。

     100万くらいになるところも。

  • レンズを入れることで房水の流れが悪くなる可能性がある。
  • レンズと水晶体が擦れて水晶体が濁って白内障になってしまう可能性がある。
  • 老眼は矯正できないので、老眼になったらメガネは必要。
  • 施術できるクリニックがまだ少ない。

【レーシックのメリット】

  • 値段が安い。格安なところは10万円を切るようなクリニックも。

     平均20万円前後で出来る。

  • 手術時間が短い。手術自体は10分程度で終わります。
  • 手術で失敗(失明する)ことはない。

 

【レーシックのデメリット】

  • 視力の安定に時間がかかる場合がある。
  • ドライアイになる。
  • ハローやグレアのような見え方の違和感が起こる。

    (個人差あり)

  • 遠視や老眼になってメガネが必要になる。

    (もともとの老眼や遠視が表面化する)

 

 

このように、フェイキックIOLとレーシックにはメリットとデメリットがあります。

 

病院によってレーシックの適合・不適合が違うのは、
病院の基準がバラバラだからです。

 

近視が強めで角膜も薄めな、レーシック適合ギリギリの人は
病院によって可否が分かれると思いますが、
ご自身の判断で選んでくださいね。

 

フェイキックIOL手術については、レンズを取り出したくなった場合の注意点などは
しっかり聞いておいた方が良いでしょう。

 

フェイキックIOLの方が、高齢になったときの目の健康まで考えると安心に見えますが、
目には個人差がありますので、ある人にとって良い方法であっても自分に合うかは
やってみなければわかりません。

 

その点でも手術前の説明で、
良いことしか言わず楽観的すぎる病院はおすすめしません。

 

手術後にどんなリスクが起こりうるか、ということを悲観的なくらいしっかり教えてくれる病院のほうが、
患者さんのことを思ってくれる良いクリニックではないでしょうか。

 

今までの手術で、術後にどんな症状が出た患者さんがいるかなど、
疑問に思うところはしっかり確認するようにしましょう。

 

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加

フェイキックIOLはレーシックと比較してどう?悲観的な病院が◎関連ページ

ICL手術での視力回復は安全?
円錐角膜はフェイキックIOLで治る?

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問