若年性白内障 経験談

Sponsored Link

アトピーが原因で若年性白内障になりました 【経験談】

このエントリーをはてなブックマークに追加   

■アトピーからの若年性白内障 (30代 主婦)

 

私は、小さい頃からアトピーがありました。

 

顔にもアトピーが出ていたため頻繁にかいていました。

 

また、かいてはいけないので、叩くように皮膚科の先生から言われました。

 

そのため顔を叩いていたら、20代半ばで白内障になってしまいました。
両目ともです。


目を叩いて刺激を与えてしまったのが原因だそうです。

 

はじめは何となく視界にもやがかかるので、視力が落ちたのなと思いました。

 

私は小さい頃から目はいい方でした。

 

視力検査ではいつも1.5以上はありました。
なので、少し視力が落ちたのかな、くらいにしか思いませんでした。

 

でも、眼科に行くと、両目とも白内障です、と言われて意味が分かりませんでした。

 

白内障は高齢者がなるものだと思っていたので、とてもショックを受けました。

 

その後もう1つの眼科に行きましたが、同じく白内障だと言われました。
しかも、目の検査をして遠視だと言われました。

 

何でも25才くらいまでは、遠視でも目の筋肉を働かせてある程度見えるけれど、
だんだん筋肉が衰えてきて視力が悪くなるということです。

 

今まで目がいいと思っていましたが、実は相当目に負担をかけていたようてす。
実際よく目が疲れるなとは思っていました。

 

短期間の間に、白内障と遠視が見つかり私は落ち込んでしまいました。

 

白内障の治療は、進行を遅らせる目薬をさすことでした。

 

でも、気休め程度の効果しかなく、いずれは手術になるそうです。

 

私は特に左目の進行が早かったので、見えにくなったら手術をしましょうと言われました。

 

手術や眼内レンズに不安のあった私は、他に治療方法がないのか調べました。

 

でも、インターネットで調べても手術しかないというものばかりでした。


いろいろ検索していると、白内障に効果がある目薬があるということが分かりました。
でも、日本国内では販売されていないようです。

 

口コミは良かったのですが、海外から買わないといけないことや、
やはり不安もあるので使うのはやめました。

 

白内障と診断されてから症状はすすみ、夜の車の運転はできなくなりました。

 

日中も明るい道を自転車で走るのが怖くなりました。
全体的に白っぽくしか見えないのです。

 

また、文字も見えにくくなりました。
焦点が合わないので、事務の仕事がとても難しくなりました。

 

メガネをしても見えないのです。

 

いよいよ日常生活が不便になったので、手術をしました。
とりあえず左目だけです。

 

眼内レンズを単焦点レンズが多焦点レンズが選べますが、
私は遠視と乱視が強いので単焦点レンズしか選べませんでした。

 

手術自体は全く痛みもなく15分くらいで終わりました。

 

眼帯を外すと、とても明るくくっきり見えて、感動しました。

 

でも、遠距離が見える単焦点レンズにしたので、
遠くは見えますが手元の携帯の文字などは見えません。

 

なので、右目を手術するときには、中距離が見える眼内レンズにしようかと言われています。

 

左目を手術して視界がよくなったため、右目の手術はまだ考えていませんが、
症状は進んでいるのでいずれは手術になります。

 

 

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問