子供 メガネ おすすめ

Sponsored Link

子供用メガネのおすすめは?|成長に合わせてメーカー選びを

このエントリーをはてなブックマークに追加   

子どもが視力検査で0.6以下だったり、
黒板が見えににくなるとメガネの購入を考え始めますよね。

 

子どもにとってメガネをかけることは、精神的に大きな重荷になりやすいので、
眼科の先生でも子どものメガネを処方するときは、
本当に必要なのかを考えてから処方するそうです。


近視で視力低下が軽い時は
すぐにメガネをかけなければならないということはありません。

 

しかし、近視が進み過ぎていたり、遠視の場合は視力を発達させるためにも
メガネを早いうちからかけなくてはいけないこともあるのです。

 

メガネはかけないほうが良いのでは?と思うかもしれませんが、
目の健全な成長のためにはメガネが必要なときがあります。

 

ぼんやりした映像しか見ていないと、脳の「見る」機能がうまく発達しなくなるからです。

 

ピントのあったはっきりした画像を能に蓄積していくことが、
視力の発達にも脳の発達にも大切です。

 

では、ではどんなメガネを選ぶと良いかですが、
成長に伴う行動や生活環境に合わせたメガネ作りをしていきましょう。

 

お子さんが小学校以下の場合、
予想をはるかに超えるほど、子供はメガネをおもちゃにしていしまいます。

 

かけたり外したりもスッとかけずに引っ張るように外します。

 

うっとうしかったら掛けなかったりするので、
子どものメガネ専門のアンファンがおすすめです。

 

アンファンは子どものフィッティングに慣れていますし、
子供の目の発育をよく考えてくれています。

 

耳かけのところも落ちないように工夫されている上に、
デザインも可愛いのでおすすめです。

 

小学生になると、いつも何かにぶつけたり、
吹っ飛んで壊れたりすることが多いです。

 

ドッジボールやバスケなど遊びや授業で白熱して、
壊れてしまうことが多くなります。

 

レンズ交換が安くできるタイプでもいいですが、
フレームごと傷むことを考えて、5,000円以下で買えるようなメガネを
まるごと買い変えて対応するのが良いでしょう。


JINS、メガネバスター、ビジョンメガネetcでもいいでしょう。

 

男の子だとフィッティングをきっちりしても壊してしまうことの方が多いので、
あんまり意味がなくなってしまいます^^;

 

中学生は自分の好みで選べるようになるので、
好きなメガネを選ばせたらいいと思います。

 

小学生ほどは壊れないと思うので、
フィッティングがきちんとできるところがいいですね。

 

中3〜高校生になると勉強する時間も長時間になるので、
目が疲れにくいメガネを選ぶといいですね。

 

眼鏡市場以上のメガネ店を選んであげるのがいいと思います。

 

ミキなども店長クラスの人にフィッティングしてもらうのがおすすめです。
(パートさん対応だと心もとないので)

 

メガネの補助金が出るなら格安店では使えないので、
ミキを選ぶことになるでしょう。

 

中学生くらいまでは修理や買い替えで何度か足を運ぶことになるので
近くてすぐ寄れる店が便利です。

 

あとは子供をよく測っている眼科や子供用メガネの取り扱いが多いところがいいですね。

 

成長に合わせてメガネのメーカーもタイプも変えていくと良いでしょう。

 

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加

子供用メガネのおすすめは?|成長に合わせてメーカー選びを関連ページ

子供用メガネに保険がきく場合

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問