スマホ老眼 予防

Sponsored Link

スマホ老眼を予防するには?温めたり遠くを見るだけで目は休まる

このエントリーをはてなブックマークに追加   

スマートフォンの画面を見続けることで手元が見えにくくなる、
いわゆる「スマホ老眼」ですが、適切なケアをすれば予防することができます。


スマホを見る時は、パソコンを見たり読書をする時と比べて、
目からディスプレイまでの距離が近いので、余計に目の筋肉が疲労します。

 

目は手元の近い場所を見る時には、水晶体のレンズの厚みを
筋肉を使って厚くして焦点を合わせています。

 

こうして筋肉を緊張させて収縮している状態が続くと、筋肉が固まって、
顔を上げてスマホから目を離すと、遠くに焦点を合わせづらくなってしまうのです。

 

スマホ老眼を予防するカギは、目の疲労を解消して
ピント調節機能を回復させることが大切です。

 

一番即効性が高いのは、「目を温めること」

 

体ならお風呂に入って筋肉の疲れを取りますが、
目も同じように温めてあげることで、毛様体筋の疲れが取れます。

 

やり方は、簡単。
ハンドタオルかフェイスタオルをぬらして、
電子レンジで40度程度に温めて目に当てます。

 

タオルの温度が体温と同じくらいまで冷えてきたら、
次のタオルと交換して、5〜10分程度温め続けましょう。

 

お風呂に入った時に、湯船に浸かりながら
お湯に浸したタオルを目に当てるのもおすすめです。

 

最近はアイマスクのような形で目を温めるグッズが
ドラッグストアなどで売られていますので、そういうグッズを使うと手軽です。


 

また、実は遠くを見るだけでも、目の疲労をとることが出来ます。

 

近くを見ているだけで、毛様体筋は緊張して仕事をしている状態なので、
逆に遠くを見ると、毛様体筋がピント調節に力を使わなくて済むので、
目が休まるのです。

 

目を休めると言うと、目を閉じるとよさそうなイメージですが、
毛様体筋にとってはまったく効果はありません。

 

目を閉じていても、目を開けた時に備えて緊張を続けているからです。

 

それよりも、スマホをしばらく見続けたと思ったら、
気づいたときに遠くを見る時間をとるようにしましょう。

 

窓がなくてそれほど遠くが見れなくても、3〜5メートル先でも効果があります。

 

何か、対象物を決めて見ようとしなくても、
ただぼんやり見るだけでも効果的ですよ。

 

そのほか、「まばたきをする」のも、目の疲労回復に良いです。

 

先ほど、「目をつむっているのは疲労回復に効果がない」と書きましたが、
ピント調節の筋肉についての話です。

 

まぶたを閉じると、目に入る光の量を減らせば、
虹彩筋の緊張を解くことができるので、まばたきで閉じることは効果的です。

 

また、スマホをじっとみることで、まぶたを開き続けるためにが頑張っている「外眼筋」も
まばたきして動かしてやることで、緊張から解放できるので目の疲労を和らげます。

 

それにスマホを使っているときは、おおむねモニターを凝視しています。

 

ひどくなると、1分間に5回くらいまで減ってしまうことも。

 

そうなると気になってくるのがドライアイです。

 

まばたきは、目の表面に涙の膜を作るので、目の乾燥防止にもなりますし、
よいことばかりです。

 

スマホを見続けていて目が疲れたなと感じる前に、
こまめにこういったことを続けていってくださいね。

 

 

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問