ドライアイ 目薬 選び

Sponsored Link

ドライアイの目薬の選び方 防腐剤フリーとヒアルロン酸が◎

このエントリーをはてなブックマークに追加   

薬局の目薬コーナーに行くと、目薬の種類が多くて
どれを選べばいいのかわからないと思ったことはありませんか?

 

どの目薬もそれぞれに効き目を謳っているので、
ひと目で見分けるのが難しいですよね。


市販の目薬は大きく分けて3タイプがあると言えます。

 

1つはピントフリーズ現象に効くタイプ。

 

パソコンの画面などをずっと見てから遠くに視線を移すと
目のピントが合うまでに時間がかかることがあります。

 

これをピントフリーズ現象といいますが、これを緩和する目薬です。

 

2つ目がドライアイに効くタイプ。

 

3つ目が目をスッキリさせるタイプ。
清涼感を出して目をスッキリさせる成分が入っています。

 

ドライアイにおすすめの目薬の特徴は

 

  • 成分がシンプルなもの
  • 細かく使えて安いもの
  • できれば保湿作用があるもの
  • 防腐剤が入っていないもの

 

これらのポイントを押さえた目薬がおすすめです。

 

まず、成分がシンプルな目薬が良いです。

 

よくあるのが、抗菌剤や他の成分が入っている薬です。

 

ドライアイの目薬は、涙を保つことが目的なので、
余計な成分は入っていないほうが良いのです。

 

疲れ目にも効くとか、充血もとれるといいから・・・
といっていろいろ入っているものを選びがちですが、
欲張るとあまりいいことがありません><

 

ある患者さんの例で、
充血をとりたくて目薬を差したのにとれない。
という人がいました。

 

結局この人の場合は、充血をとる目薬を差したことが
逆効果になっていた・・・ということがあったのです。

 

そのため、1つの症状には
1つの目的の目薬を使うのが望ましいです。

 

また、目薬は鮮度が大事です。

 

目薬は1か月以内に使いきるのが理想。

 

高い目薬でも、最初は差していたけどそのうち放置してしまった・・・
ってことはありませんか?

 

封を開けていなければ有効期限までは持ちますが、
封を開けたら雑菌が入りやすいのです。

 

ペットボトルの水と同じように考えたら、
何か月も前に開けた水を飲みたいとは思わないですよね?

 

それと同じことを目薬ではやってしまいがち。

 

最初だけ使ってずっとカバンの中に入れておくよりは、
小さいパッケージで短い期間で使いきれるものがいいですね。

 

最近は少量の使い切りパックのような目薬も出ていますが、
理想としてはそういう目薬のほうがいいです。


 

さらに、ドライアイの人は
保湿成分が入っているものを選ぶと良いです。

 

ドライアイには「ヒアルロン酸」や油分入りのものがいいですね。

 

「コンドイチン硫酸ナトリウム」なども良いでしょう。

 

ヒアルロン酸はもともと体内にあるゼリー状の物質で、
優れた保水力を持っています。

 

美肌や関節痛にも効果があるということで、
美容面・健康面でよく利用されています。

 

コンドロイチンは角膜や結膜の保湿成分です。
眼球の表面に潤いを与えて、角膜の表面を水分で保護することで
かすみなどの症状を改善します。

 

薬局などで買う時は「ドライアイ対策」
などと紹介されている製品が良いと思います。

 

差してスっとするだけの目薬には、
ドライアイの軽減はあまり期待できないでしょう。

 

最後に、防腐剤が入っていない目薬(防腐剤フリー)が良いです。

 

目薬は防腐剤が入っていないと傷むのが早いので、
防腐剤入りになっていることが多いです。

 

防腐剤が入っている目薬でも、
開封後1か月以内に使いきるのが理想です。

 

防腐剤なしだと10日程度で使いきらないといけません。

 

防腐剤入りのほうが雑菌を殺すので長持ちしてくれるのですが、
目の細胞を傷つける可能性もあるのです。

 

防腐剤を涙で洗い流せればよいのですが、
涙が少ないドライアイの人はそれができません。

 

眼球の表面に防腐剤が残ってしまいがちです。

 

目薬に使われている防腐剤で代表的なものは

 

  • クロロブタノール
  • ホウ酸
  • 塩化ベンザルコニウム

 

などがあります。

 

薬局で売られている目薬の8割くらいは
防腐剤入りではないかと思います。

 

ドライアイ対応の目薬で防腐剤フリーといっても
添加物としてホウ酸などは入っていたりします。

 

そこまで大きな影響がないので、
日持ちを考慮して入れてあるのだと思いますが
本当の意味での防腐剤ゼロではないのですね。

 

どの防腐剤も入っていない目薬といえば「使い切り」の目薬です。

 

1回分ごとに切り離して使うタイプの目薬は防腐剤が入っていないので
ドライアイの目に最適ですよ。

 

ちょっとコストパフォーマンスは落ちてしまいますが、
ドライアイの症状がひどい人は使い切りをタイプを使うのがよいですね。

 

おすすめの市販目薬のリストをご紹介しますので、
参考にしてみてください。

 

  • ソフトサンティア(参天) 10日使い切り
  • ロートソフトワン(ロート) 10日使い切り
  • アイリスCL-1ネオ(大正製薬) 1個使い切り
  • ティアーレ(オフティクス) 1個使い切り
  • ノアールワンティアα(佐藤製薬) 1個使い切り

 

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問