白内障手術 費用

Sponsored Link

白内障手術の費用は10万円ぐらい?│症状で選ぶ治療方法で変わります

このエントリーをはてなブックマークに追加   

白内障の手術をすることになっても、
高額だったら一度に出費も多くなるので気になりますよね。

 

年金生活だったらなおさら費用のことが気になると思います。


白内障の手術では手術前後の検査費用、手術費用が必要です。

 

眼内レンズの費用も手術費用に含まれます。

 

【白内障手術費用 例】
●健康保険3割負担(一般の会社員など)
手術前後の検査で2万円
手術費用・・・保険適用の単焦点眼内レンズの場合 片目4〜5万円

 

両目の検査と手術で12〜14万円ほど

 

●75歳以上で2割負担  
総額 片目4万円前後 両目8万円前後

 

が一般的な費用になります。
(この金額は医療機関によって異なります。)

 

これらに加えて、健康保険が適用されない眼内レンズを使う場合、
自由診療となって検査費用や手術費用もどちらも自己負担となります。

 

こうなると、同じ白内障手術でも片目で40万円以上かかることも。

 

こうしたレンズは高いですが、生命保険の「先進医療」を対象とする保険に
入っていれば補償を受けることもできます。

 

ご自身の入っている保険に先進医療の特約などをつけているなら
保険会社の担当者に相談してみてくださいね。


保険診療でも1ヶ月の療養費が限度額を超えた場合には保障を受けられます。

 

高額療養費の対象となりますので、
各健康保険の窓口に問い合わせてみてください。

 

一般的にはかかりつけの医師と相談しながら手術の方法を決めると思いますが、
実は、その結果が患者さんにとって一番最善の選択になるとは限らない場合があります。

 

白内障治療のばあいは、保険診療が適している場合もあれば、
保険適用の診療と自由診療の混合が認められている先進医療制度を使った治療、
全額自己負担となる自由診療が適している方もいます。

 

医師の多くは普段から同じ種類のレンズしか使わないので、
他のメーカーや他のタイプのレンズのほうが患者さんに適していても、
それを選択できない場合もあります。

 

とても優れたレンズがあっても、装着するのに高い技術が必要なために
医師が避けてしまう場合もあります。

 

人によって術後に不満が残る結果になるのは、
こうした適正が合ってなかったことも考えられます。

 

もちろん医師の意見を信頼すべきですが、患者さん本人も白内障の手術について理解しておくと、
幅広い選択肢から自分に合った方法を選べますよね。

 

手術の方法やメリット、デメリットの他に、自分に最も適した手術をするのにいくらかかるか、
保険診療と自由診療の違いはどういったものがあるのかなど、
基本的な知識をもっておけば、自分にぴったりの手術を受けることができるでしょう。

 

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問