円錐角膜 フェイキック

Sponsored Link

円錐角膜はフェイキックIOLで治る?角膜リングとの違いとは

このエントリーをはてなブックマークに追加   

病院でフェイキックIOLの手術を勧められたものの、治療費も高いので
他にも良い治療法はないかと探していませんか?

 

円錐角膜は症状の程度によって治療法が変わってきます。


今、メガネやハードコンタクトレンズで矯正しているようなら、中程度の症状でしょう。

 

コンタクトでの矯正が追いつかなくなってきたら、
やはり何かしらの手術が必要になってくるでしょう。

 

フェイキックIOLと角膜内リングとの大きな違いは、
術後もコンタクトが必要か不要かというところだと思います。

 

フェイキックIOLはいわばコンタクトレンズを半永久的に
眼内に入れ込んでしまうような治療です。

 

そのため、術後もハードコンタクトなどの矯正器具は不要です。

 

また、レンズを入れてしまうので、超高度の近視や遠視、乱視の矯正も可能です。

 

角膜には触れないので、矯正後も視力の質が良く、よく見えるようになるので、
画期的な治療法と言えるでしょう。

 

一方、角膜内リングは角膜の周囲に半円弧状のリングを二つ挿入して、
角膜のカーブを変える治療です。

 

カーブの角度が変わるため、軽度の近視を矯正したり、
コンタクトレンズの装用を可能にできるのがメリットです。

 

角膜内リングはカーブの角度を変えるといっても、
視力の向上はあまり大きくありません。

 

現在の視力によっては、リングを入れたうえで、
ハードコンタクトレンズを使い続けていくことになるでしょう。

 

角膜内リングは円錐角膜を根本的に治療しているわけではなく、対症療法となるので、
進行を遅らせて角膜移植を先に伸ばすのが治療の目的といえます。

 

レンズは取り外すことができるので、
どうしても不具合を感じるときは戻せるのがメリットです。

 

円錐角膜でコンタクトレンズが使えなくなりつつある場合の一つの選択肢といえます。


 

円錐角膜で乱視が発生して見えにくいうえに近視も加わると、
メガネでもコンタクトでも矯正が難しくなってきますよね。

 

視力の改善を重視するなら、フェイキックIOLがおすすめです。

 

角膜を削るわけではないので、安全に視力の回復ができるのが嬉しいですね。
もし、角膜移植を行っていたとしても、その後でも可能です。

 

フェイキックIOLはハローヤグレアの可能性があるものの、
視力がかなり改善する手術になります。

 

ただ、その分、手術や治療にかかる費用も大きくなるので慎重になりますよね。

 

おすすめなのは、セカンドオピニオンをとること。

 

他の病院にも受診して、その先生の意見も参考にしましょう。

 

円錐角膜の進行具合、年齢、現在の症状などをみて、どう治療するかは
先生の独自の判断によるところが大きいです。

 

もしかしたら、他の先生からみれば角膜内レンズを勧められるかもしれないし
角膜移植を勧められるかもしれません。

 

何人かの先生の意見を参考にして、
これからの治療法を考えても良いと思いますよ。

 

今後もずっと大切にしていく目ですから、老眼や白内障になるときのことまで考えて
じっくり考えて選択してくださいね。

 

 

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加

円錐角膜はフェイキックIOLで治る?角膜リングとの違いとは関連ページ

フェイキックIOLとレーシックの比較
ICL手術での視力回復は安全?

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問