白内障 手術後 注意

Sponsored Link

白内障手術後の生活の注意点|1ヶ月は感染と目への刺激を避けて

このエントリーをはてなブックマークに追加   

白内障の手術後から1ヶ月くらいまでは、
感染症を一番に注意しなければなりません。

 

目をこすったり、打ち付けたりして物理的な刺激も与えないようにしましょう。


また、重い物を持って力んだり、目をぎゅっとつぶったりして力が加わると、
閉じようとしている傷口に負担がかかってしまいます。

 

体に必要以上に力を加えないように注意しましょう。

 

まず最初の1週間、次に1ヶ月程度を区切りにして、
少しづつ元の生活に戻していくようにします。

 

<当日〜翌日>

  • 仕事や家事は控えましょう。翌日からは軽作業なら行っても大丈夫です。

     目を使う仕事や、ほこりっぽい場所での仕事は避けましょう。

  • 当日は運動を控えて安静に過ごします。

     翌日からは散歩程度なら大丈夫ですが、ほこりや汗が目に入らないように注意します。

 

<翌日〜1週間程度>

  • 顔を洗ったり、髪を洗ったりするのは1週間後くらいから許可がでます。

     入浴は手術後2〜3日頃から許可がでることもありますが、
     顔にせっけんやお湯がかからないようにしましょう。

  • 保護ゴーグル(保護メガネ・眼帯)は、医師から許可があるまでつけておきましょう。

     特に夜寝るときは、寝ている間に無意識に目をこすったり、
    目を打ちつけたりすることが危険なので、寝る時に必ず装着します。

    ばい菌が入らないように気をつけましょう。

  • 目を強くつぶるなど、負担を与えるような行為はしないよう注意しましょう。
  • 車の運転は医師に必ず相談しましょう。 

    視力によってはメガネが必要です。

  • アイメイク以外は数日で許可が出ますが、顔が洗えるようになってからがベストでしょう。 

    念のため1週間くらいは控えるほうが良いです。


 

手術後1ヶ月ほどすると普段の生活ができるようになってきます。

 

水泳などのスポーツもこの頃から許可が出始めるでしょう。

 

通院の頻度は、毎週の人もいれば、隔週だったり、1カ月後などまちまちです。

 

症状に異常がなくても必ず受診するようにしましょう。

 

よくある問題として、目薬の点眼を自分勝手にやめてしまう人がいます。
これは良くありません。

 

術後に3種類の目薬を出されますが、
それぞれに感染症を防いだり、役割が違います。

 

手術後2か月、3か月経って視力が戻ってくると、
つい今までのように目を使いすぎる生活に戻る人がいますが、
まだこの時期は目のバリア機能が完全に回復していません。

 

この時期に目を酷使しつづけると、視力が落ちてしまうことがあります。

 

非ステロイド系消炎剤はこうした症状を防いでくれる点眼薬なので、
勝手に判断して使用しないで、医師の指示にしたがって利用してくださいね。

 

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問