老眼 何歳

Sponsored Link

老眼は何歳から始まるか?40代以降からが一般的だが30代も要注意

このエントリーをはてなブックマークに追加   

最近、手元の文字が見えにくくなった…と思うようなら、
老眼かもしれません。

 

老眼とは簡単に言えば目の老化現象ですが、年をとればシワが増えるように
ほぼ誰でも老眼になります。


 

早くシワができる人もいれば、遅い人もいるように
老眼の始まりや度合いは人によってちがいます。

 

ただ、一般的には40才を過ぎたころから、老眼の兆候が出始めます。

 

老眼の原因は、目の毛様体筋が衰えることが原因です。

 

若い時の目は、近くを見たら水晶体を熱くし、遠くを見る時には水晶体を薄くすることで
自然にピントを合わせているからです。

 

しかし、年をとると、水晶体の弾力性が失われたり、
水晶体を支える毛様体筋が衰えてきます。

 

それによって、近くを見る時に水晶体を厚くすることができなくなり、
ピントが合わなくなってしまうのです。

 

老眼は40才以降で自覚症状を感じるようになりますが、
目の調整力で言えば、10代のころから60代まで、比例するように低下して言っています。

 

たとえば、幼児のころだと20D(Dは調整力を表す単位「ジオプトリー」)もありますが、
10歳頃だと12Dにも下がっています。


30歳になるころにはその半分の6Dにまで下がりますが、
読書などで困るほどではありません。

 

ピントを合わせる時に1mの距離で合う場合を1D、50cmで合う場合を2Dくらいなので、
6Dなら20cmくらいの距離になりますね。

 

それが50歳になるころには2Dにまで下がります。

 

2Dとなると、50cmくらいの距離にピントが合うので、
手元の文字は見えにくくなってしまいますよね。

 

多くの人が50代には老眼を自覚するようになるでしょう。

 

とはいえ、30代でも油断は禁物。

 

最近は、パソコンやメールを使う人が増えているせいか、
30代でも老眼と同様に見えにくくなっている人が増えています。

 

老眼を簡単にチェックするには、
新聞を眼から30cm離したところで読んで見てください。

 

読むことができればまだ老眼ではないですが、
もっと離した方が読みやすいなら老眼です。

 

あと、その他の兆候としては、雑誌など読書した後に目が疲れたり、
読書の後に肩こりや頭痛がする…という場合も老眼かもしれません。

 

疲れ目や肩こりは、近くに文字を無理にピントを合わせていることで
起こっているかもしれませんよ。

 

誰でも老眼になりますが、近視の人は老眼に気づきにくいです。

 

常に近くしか見えないため、近くにピントがあっています。

 

目の機能として焦点がどんどん遠くなっても、元々近くにあっているので
多少相殺されて近くも見えるため、気がつかないのですね。

 

老眼を感じたら、老眼鏡などで視力を補いましょう。

 

老眼鏡をかけると老眼が進行するのでは?
と思うかもしれませんが、老眼鏡をかけてもかけなくても
年齢を重ねれば老眼は進むので、見えにくいなら我慢せず老眼鏡をかけましょう。

 

Sponsored Link

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問