白目 赤い

Sponsored Link

急に白目が赤い 痛くない充血なら結膜下出血の可能性

このエントリーをはてなブックマークに追加   

痛くもかゆくもないのに、突然、白目が真っ赤になっていて
驚いたことはありませんか?

 

朝起きたときや、何もないのにチクっとしたりした後に
白目が赤くなっていることがあります。


これはだいたい片目であることが多いのですが、
白目全体が赤くなることもあれば、一部分だけの時もあります。

 

もしも目やになどがなく、まぶたをめくって「あかんべ」のようにしても
下まぶたの裏側が充血していなければ、結膜下出血の可能性が高いです。

 

結膜下出血は視力に影響を与えることはまれなので、
慌てて眼科にかかる必要はありません。

 

うちみや青あざで内出血してしまうときのように、
外部刺激や何らかの刺激によってこのように真っ赤になってしまうことがあります。

 

あるいは、外部刺激がなくても、急に出血したようになるので
驚いてしまうとは思います。

 

通常なら、約1〜2週間で出血は引いていきます。

 

もし内科などで血液を固まりにくくする薬を使っていたり、
もともと血が固まりにくい病気にかかっている人は、
なかなか出血が収まらないこともあるので注意してください。


 

放置して良いと言われても、見た目にとても派手に出血しているように見えるので、
心配になって眼科に行く人も多いですが、特に治療をする必要はありません。

 

ただし、似ているようで違うので注意すべきなのは、出血と充血です。

 

出血しているのは、血管に何らかのダメージが加わって血管が破れてしまって、
血液が外に漏れだしてしまった状態です。

 

そのため、通常ならば出血自体はすぐに止まることが多いです。

 

いわゆる鼻血やうちみのときにできる青あざのように、
しばらくすると自然に引いていきます。

 

ですが、充血は血管の中に血液が滞って、うっ血している状態です。
通常よりも血管が太くはれ上がった状態になっているのです。

 

目にバイキンが入っていたり、目の中で炎症が起きていたりすると、
充血してくることがあります。

 

これはいいかえると目に何らかの異常があるということのサインともいえます。

 

放っておくとどんどん症状が進行したり、
他の人に感染してしまうものもあるので注意が必要です。

 

また、結膜下出血の中には何度も繰り返して起こるものもあります。

 

結膜弛緩症といって、白目がゆるんで一部がまぶたのふちに
乗り上げてしまうような症状があるときは、結膜下出血を繰り返すことがあります。

 

このような場合には単なる出血とは違いますから、
早めに眼科を受診するようにしましょう。

 

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問