ワンデー コンタクト 何日

Sponsored Link

ワンデーのコンタクトは何日使える?期限の違いは契約上の違い

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ワンデーコンタクトって、ぶっちゃけ何日くらい使えるのかな…
と思ったことはありませんか?

 

「ワンデー」って言っているのだから1日なのは重々承知だけど、
気になりますよね。


いきなり2日目からレンズが劣化するのか?とか
1日でも期限を過ぎて使うと目に悪いのだろうか?など気になると思います。

 

基本は毎日取り替えて使う前提なので、使用法を守って使っていただきたいですが、
「ワンデーはこういうレンズだよ」という情報としてお伝えしたいと思います。

 

ソフトレンズはワンデー(1日で交換)、2ウィーク(2週間で交換)の他、
1ヶ月交換、1年交換のものなど、いろんな種類があります。

 

これだけ使用期間にばらつきがあると、1ヶ月装用タイプより2週間タイプのほうが、
2週間タイプより1日交換のほうが質が悪いのでは?と思うかもしれません。

 

ですが、ワンデーは毎日取り替えるからと言って質が低いわけではないのです。

 

メーカーによっては、ワンデーと2ウィークで
全く同じ素材、同じ含水率で出来ているものがあります。

 

正直、デザインが違うだけ・・だったりします。

 

これは、別にワンデーの方が質がいいとか悪いとかではなく、
デザインを変えてワンデーとして認可を取ったレンズと
2ウィークで認可をとったものがあるというだけなのです。


メーカーに質問しても、「認可上の違い」としか言われません。

 

少しでも質を落としているのであれば、○○の分量が少ないとか、
○○だから質が悪いという回答がありそうなものだが、そういう回答も得られません。

 

そのため、ワンデーがその日のうちにただちに使えなくなるわけではなくて、
「1回使ったら捨てましょう。翌日はまたきれいな状態のレンジを使いましょう」
という意味なのですね。

 

よく、海外で認可されている薬が、日本では認可されていないということがあります。

 

同じ薬ではあるけれど、安全性に対する配慮の差や、
対応の遅れなどで違いがでてきます。

 

そのため、海外ではマンスリーとして使われているコンタクトが、
日本では2ウィークとして使われているといったケースもあるのです。

 

2ウィークの規格に通らないからワンデーになったとか、そういうわけではないんですね。

 

期限を過ぎたレンズの状態がどうなるかはわかりませんが、
決められた期間で使い捨てるというのは、そういう使い方をしますという
契約上の意味しかないのです。

 

もちろん、コンタクトレンズメーカーによって、
ワンデーや2ウィークなど、期限の違うレンズごとに違いはあると思うので、
それぞれの期限に沿って使ってくださいね。

 

Sponsored Link

ワンデーのコンタクトは何日使える?期限の違いは契約上の違い関連ページ

コンタクトレンズで目が痛い
酸素透過率の高いコンタクトレンズ
コンタクトレンズが取れない

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問