レーシック 過矯正

Sponsored Link

レーシック手術後の過矯正が辛い|セカンドオピニオンを取ろう

このエントリーをはてなブックマークに追加   

レーシック手術後に過矯正でつらい思いをしていませんか?

 

よく見えるようになったのはいいけれど、見えすぎて体調がすぐれない…
と悩んでいるようでしたら、他のクリニックでセカンドオピニオンを取ってみましょう。


セカンドオピニオンとは主治医以外の医師に意見を求めることです。

 

手術をしたクリニックで主治医の見解やそのクリニックの方針などにしたがっても、
症状の改善が見られないこともありますよね。

 

患者としては不調なのでなんとかしてもらいたいと思っても、
医師やクリニック側としてはこれが最善の処置だからと取り合ってもらえないことも。

 

そういう場合に、他のクリニックなどで再度診断してもらい、
症状について意見をもらうことをセカンドオピニオンと言います。

 

レーシック手術の場合は誓約書にサインをしたら、術後におこる症状についてはほとんどが
「予測できる後遺症」として扱われ、問題とは認識してもらえないことも多いです。

 

実際、レーシック手術の後で不調を訴えている人はある程度の人数がいます。

 

レーシック後遺症の大半は過矯正が原因とも言われています。

 

過矯正とは視力を上げ過ぎて見えすぎること。

 

近視を過度に矯正してしまう問題です。

 

視力を良くするためにレーシック手術をしているわけですから、
普通に考えると目が良くなって良かったと思いがちですが、見えすぎても問題が出てきます。


「2.0」など遠くに焦点を合わせてしまったために、常に必要以上の調整力を使って
近くをみることになってしまい、極度の眼精疲労や頭痛に悩まされることがあります。

 

これがひどくなると吐き気やうつ状態を引き起こすこともあります。

 

パソコンを見るなど、近くをみる機会が多い場合、常に目の調節力を使い続けるので、
こういう不調を起こしやすくなります。

 

さらに目の調節力が少しでも衰えると、近くを見るのが不便になってしまうので
早い時期から老眼鏡が必要になってしまいます。

 

こうした過矯正をひき起こすのは、手抜き検査でしっかり目の状態を把握できてないまま
レーシック手術を受けてしまった場合です。

 

角膜はいったん削ってしまうと、元には戻せないので、
手術前にきちんと検査をしてくれるところを選ばないといけません。

 

過矯正で吐き気や頭痛、不眠など日常生活に支障をきたすようでしたら、
まずは手術を行ったクリニックに相談してみてください。

 

体調を優先するなら、過矯正の再手術を行ってくれるところもありますし、
視力と目の状況を加味して適切な処置をしてもらってください。

 

手術を行ったクリニックでは対応してもらえない時は
他のクリニックを訪ねて、セカンドオピニオンを取ると良いでしょう。

 

他のクリニックも他院でのレーシック患者については対応できないといわれるクリニックもありますので、
事情を説明してから受診するようにしてみてくださいね。

 

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問