まつ毛 抜ける

Sponsored Link

まつ毛が抜けると生えてこない?まつげハゲは刺激とストレス厳禁

このエントリーをはてなブックマークに追加   

いつの間にかまつ毛がたくさん抜けてしまって、
まつ毛が薄くて悩んでいませんか?

 

まつ毛は髪の毛のように多くないので、
抜けてしまったら生えてくるのか心配になりますよね。


一度抜けてしまったまつ毛は、病気などでない場合は
3か月程度で生えてきます。

 

いつかは生えてくるとはいえ、待っている時期は長く感じますよね。

 

まつ毛が抜ける病気は、円形脱毛症や眼瞼炎、結膜炎などがあります。

 

円形脱毛症は髪の毛だけと思われがちですが、
髪だけでなくまつ毛やまゆ毛なども抜けるタイプがあるのです。

 

円形脱毛症の一種の可能性があれば、皮膚科に相談してみてください。

 

また、眼瞼炎や結膜炎は目もとにつける化粧品などの影響が大きいです。

 

マスカラやアイプチ、つけまつげのグルー(接着剤)やまつ毛パーマ、まつ毛エクステなど
まつ毛付近に接着剤やパーマ液が付くことで、
炎症を起こして抜けてしまうことがあるのです。

 

このようにまぶたに炎症が出来たりした場合は、
眼科や皮膚科を受診するようにしましょう。

 

また、最近はまつ毛が少なくなってしまう症状を「まつ毛貧毛症」として、
医療機関で治療することができます。

 

脱毛症や炎症などの病気ではないけれど、まつ毛の少なさが気になる場合は
皮膚科や眼科などで相談してみても良いですね。

 

とはいえ、まつ毛が抜ける原因の多くは、ビューラーの使い過ぎで挟んで抜けてしまったり
メイク落としが不十分などで皮膚にダメージを受けたりすることです。

 

まつ毛の少なさが目立つようなら、ビューラーを使うのをしばらく控えてみましょう。


抜けるのは1回に数本だったとしても、生えてくるのに2〜3か月かかることを思えば
毎日少しづつ抜けてしまえば減ってしまいます。

 

まつ毛は皮膚に埋まっているのが2mmほどしかないので、
少しの刺激で抜けやすいのです。

 

そのため、まぶたをこすり過ぎたり、落ちにくいマスカラやアイメイクを落とすときにも
まつ毛が抜けやすくなります。

 

洗顔の時、ポイントメイクリムーバーを使わずにアイメイクを落としていませんか?

 

アイメイクを落とそうと、目もとをこするほどまつ毛に負担がかかってしまいます。

 

コットンにリムーバーを含ませて、そっとメイクオフをするなど、
極力、目もとに刺激を与えないようにすると、まつ毛の抜け毛を防げますよ。

 

また、物理的な刺激だけでなく、
不規則な生活やストレスなども抜け毛の原因になります。

 

夜更かしが多いと成長ホルモンが分泌が滞って、
まつ毛の伸びる周期にも影響してきます。

 

通常、まつ毛は3〜6カ月の毛根周期で抜けたり生えたりを繰り返していますが、
その正常な周期が遅れてしまいます。

 

その結果、抜けたまつ毛がなかなか生えてこない・・・ということになってしまいます。

 

お肌のゴールデンタイムと同様、PM10時〜AM2時までの間はなるべく就寝し、
十分な睡眠をとるようにしましょう。

 

まつ毛は自然に生えてきますが、少しでも早く生やしたい、伸ばしたいと思ったら
まつ毛の増毛や育毛ができるお薬や美溶液も市販されています。

 

まぶたへの刺激を抑えつつ、清潔で健康的な生活を送るよう気をつけて見てくださいね。

 

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問