レーシック 老眼

Sponsored Link

レーシックで老眼が治る?|高齢者のレーシックが人気上昇中

このエントリーをはてなブックマークに追加   

レーシックは老眼でも手術できるというクリニックが増えてきましたね。

 

老眼レーシックとはざっくり言えば
左目を近くを見る用に、右目(利き目)を遠くを見る用に視力を矯正する手術です。


そのため、40代以上の方だと老眼を考慮して、
あえてこのようにガチャ目になるように視力を調整する場合もあります。

 

このように両目で視力差がある状態にすることを「モノビジョン」と言います。

 

このモノビジョンタイプの老眼レーシックが一般的なようです。

 

ただ、レーシックのクリニックではハッキリ「左右の視力差を作る」と言うと
ビックリされたりしないように遠まわしな言い方で説明されたりします。

 

例えば右目1.2、左目0.8とか、
老眼度合いによって視力差をつけて手術する感じです。

 

老眼の度合いやその人の目の特性に合わせてこの差は調整されるようです。

 

このように老眼になることを見越して、利き目を遠くに合わせて、
もう一方で近くを見るようにするよう左右差をつけることもあるようですが、
この状態が誰しもに合うとは限りません。

 

きつい老眼ならばピントが合いやすいかもしれませんが、
まだ老眼になっていない状態だと目が慣れていないので異常に疲れたり
結局片方の目(良く見えるほう)に頼ってしまって使わなかったりしがちです。

 

慣れると遠くも近くも自然に見えるようになりますが、個人差はあります。


 

それ以外にもマルチゾーンレーシックというタイプで
遠近両用の効果が出せるレーシックや、
ピンホール効果で良く見えるようになる、
黒い小さなリングを角膜内に挿入するタイプもあります。

 

それに加えて最近では眼内レンズというものも出てきています。

 

白内障などになった場合、濁った水晶体を取り除き、
多焦点という遠近両方タイプのレンズを入れると老眼にも対応するようです。

 

近視用のレーシック手術は最近減少傾向ですが、
老眼や高齢者向けの手術は増加傾向にあります。

 

特に某有名クリニックが老眼レーシック的なものを宣伝しはじめてから
レーシックで老眼が治療できるというのが広がってきたようです。

 

それとは逆に、レーシックすると老眼になるという噂も広がってますが
これはちょっと間違っています。

 

レーシックの有無にかかわらず老眼にはなるので、
レーシック手術をしたから老眼になったりはしません。

 

近視だったりすると気が付きにくいというだけで、
老眼にならないとかなりにくいというわけではないですよ!

 

アラフォー以上の方はレーシックする際はじっくり調べてから、
受けるかどうかを決めてくださいね。

 

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問