白内障 紫外線

Sponsored Link

白内障予防は紫外線から|UVカットサングラスの着用を習慣化

このエントリーをはてなブックマークに追加   

白内障は目の老化とあきらめていませんか?

 

白内障は水晶体が加齢とともに濁ってくる病気で誰にでも起こりますが、
濁り具合によって白内障かそうでないかが決まります。


高齢になれば誰でも多少は視界がぼやけてくるということですね。

 

白内障の主な原因は老化以外にも紫外線や糖尿病、外的な傷があります。

 

その中でも自分で気をつけることができるのが紫外線です。

 

女性は肌の紫外線対策はしっかりしている人も多いと思いますが、
目の紫外線予防をしている人はあまりいないのでは?と思います。

 

一番手軽なのはUVカットのサングラスをかけること。
UVカットであればメガネでもコンタクトでもOKです。

 

スキーをするときなど、ゴーグルをつけて滑りますよね。
スキーのゴーグルは雪で光の反射がキツくなるので、
紫外線によって角膜に炎症が起こるのを防ぐためにつけています。

 

「目が日焼けする」なんて言いますが、炎天下で長時間裸眼でいたりすると
目がゴロゴロしたりショボショボしたりして痛くて目が開けられなくなったりする場合も出てきます。

 

目が紫外線にさらされて10時間程度で「目の日焼け」の症状があらわれてきますので、
強い紫外線からはサングラスやゴーグルでしっかり保護してあげましょう。

 

それ以外の日常生活でも極力紫外線を浴びないように工夫したほうが、
目の老化を防げます。

 

メガネやサングラスはUVカット表示があるかどうかチェックしてから買うといいでしょう。


 

サングラスは紫外線透過率の表示が必ずありますので、
「紫外線透過率1%」などとなっていたら、紫外線を99%カットしてくれるという意味です。

 

紫外線透過率の低いサングラスやメガネを選びましょう。

 

新しくサングラスを買う場合は表示を見てUVカットかどうか確認できますが、
昔買ったサングラスだとUVカットだったかどうかわからないですよね。

 

メガネ店ではUVカットしているレンズかどうか調べる機械がある店もあるので、
手持ちのサングラスやメガネもチェックしてもらうことができますよ。

 

サングラスは濃い色だからといってUVカット効果があるかといえば
必ずしも比例しているわけではありません。

 

透明レンズでもUVカット加工がしてあれば濃さに関係なく大丈夫なんです。

 

レンズの透明度に関係なく、UVカット加工がしてあるかどうかを目安にして
レンズ選びをしてみるといいですよ。

 

まだ白内障なんて気にする年じゃないし・・・といってケアを怠っていたら
高齢になってきたときに差が出てきます。

 

紫外線だけが原因ではありませんが、出来る範囲の予防をしておくと安心ですね。

 

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問