物 ダブって見える

Sponsored Link

物がダブって見える 乱視や疲れ目でなければ複視の可能性もあり

このエントリーをはてなブックマークに追加   

特に変わったことはしていないのに、
物がダブって見えるということはありませんか?

 

何かに目をぶつけたりして、視界の異常で物がダブって見えるなら
すぐにおさまるかもしれませんが
何もないのに何日も物がダブって見えるようなら要注意です。


よくあるのが乱視の矯正がうまくいっていなくて二重に見えるケースです。
左右の視力差が開き過ぎているときなどにも起こります。

 

こうした場合は目の屈折異常が原因ですので、
メガネの矯正などで改善できます。

 

そのほか、目が突然見えにくくなるのは、多くの場合は疲れ目です。

 

物がダブってみえたり、視力が悪くなったように感じたり、
かすんで見えたりするのは、目を集中して使いすぎた場合によく起こります。

 

一時的に物や書類の文字がダブって見えるということならば、
ゆっくり目を休めれば、次第になおっていくでしょう。

 

しかし、何時間経っても、何日たっても症状が良くならず、
物がダブって見える症状が続くなら、「複視」になっているかもしれません。

 

複視とは物が二重に見えることで、両目で見たときに2つに見える症状です。

 

原因としては眼を動かす神経や筋肉に障害があると起こりやすいです。

 

眼は、目の周りにある6つの筋肉によって動かされています。

 

それらの筋肉を動かす神経は動眼神経や外転神経、滑車神経ですが、
そういった筋肉の異常によって外眼筋の動きが悪くなって複視が起こるのです。


たとえば、左目を外側へ動かす筋肉の動きが悪くなると、
正面や右を見たときには一つに見えますが、左を見たときに二重に見えてしまいます。

 

二重に見えると、その見えにくさをカバーするために、
頭を傾けたりして同じ方向を向きがちになるので、
頭痛や肩こりを感じたりしやすくなってしまいます。

 

複視にもパターンがあって、片目で見た時にも異常があるか、
両目で見た時だけ異常があるかによっても原因と対処法が変わってきます。

 

右手で右目を隠すなどして、片方だけで見てどうかをチェックしてください。
片目で見たときにも物がダブって見えるなら、見えたほうの眼に問題があります。

 

その目に何か病気があったり、乱視などの屈折異常があるかもしれません。

 

一方、片目で見たときには異常がないのに、両目で見たらダブって見えるということならば、
斜視が原因で複視になっている可能性があります。

 

眼球が内側に寄っているか、外側に寄っているかによって、
マヒしたり機能不全になっている筋肉が違います。

 

目と関係なくて意外ですが、
まぶたが垂れてくる頑健下垂や、甲状腺の異常が原因ということもありますよ。

 

目の神経や筋肉だけでなく、脳にも問題があるかもしれませんので、
すぐに眼科か神経内科を受診するようにしましょう。

 

もともと、高血圧や糖尿病、甲状腺などの持病がある場合は
それぞれの持病からくる症状の一種かもしれません。

 

その可能性があるときは、かかりつけの医師に相談してくださいね。

 

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問