視力矯正 安全

Sponsored Link

視力矯正で安全な方法|メガネ・レーシックに代わる矯正法も

このエントリーをはてなブックマークに追加   

視力矯正といえばメガネかコンタクトが主流で、
近年はレーシック手術をした人も増えてきましたよね。

 

安全を考えるならメガネが一番トラブルが少ないですが、
裸眼を一気に見えるようにするには、レーシックのように角膜に直接働きかけるような手法が
効果が高いし、手術を行う人も増えてきました。


ただ、レーシックは角膜にメスを入れる手術ということで、慎重になります。

 

コンタクトもハードレンズだと時々ゴミが入って痛いことも多いし、
毎日のレンズケアも煩わしいですよね。

 

気がかりなのは災害時など、急に避難を余儀なくされたときのこと。

 

レンズが紛失したり傷で使えなくなったら、裸眼ではほとんど人が判別できないので
一人ではまともに行動できなくなってしまいそうで心配です。。。

 

それに避難所でレンズケアなどしてられないだろうなあと思ってしまいます。

 

サバイバルな状況に置かれた時、目が悪いと困るのでしょうね。。。

 

そんなこともあって、少しでも裸眼の視力を良くしたいと思っていますが
どの方法が安全なのかは一概には言えないところがあります。

 

レーシックは全国での手術数が多いので、
それに比例してトラブルの報告も多いようです。

 

最近はレーシック以外にも視力を大幅に改善できる方法が増えてきています。

 

例えば眼内コンタクト(ICL)やフェイキックIOLなどは
専用のレンズを目の中に入れて視力の矯正をする方法です。

 

眼内コンタクトは黒目と白目の境い目に数ミリの入り口をつくり、
そこから小さく折りたたんだレンズを入れて固定します。

 

切り口は縫ったりしなくても目の圧力で自然に閉じていきます。

 

目の中に入れたレンズは取りだしたりケアしたりする必要がないので
半永久的に目の中に入れておくようになります。


レーシックのように角膜を削らないので、
レンズを取り出して元の状態に戻すことも可能なのが安心です。

 

ただ、高度の技術を要するので手術できるお医者さんが少ないことと、
それに伴って費用も高くなるので手軽にできる手術とは言えません。

 

一方、目にメスを一切入れないのが「オルソケラトロジー」という、
寝ている間に入れるコンタクトのような矯正器具。

 

普通のコンタクトレンズは視界が良く見えるように、起きている昼間に入れておきますよね。

 

このオルソケラトロジーは目の水晶体の屈折率を矯正して視力を良くしようというコンタクトなので、
目を使っていない時間(=寝ている間)に入れておいて目の表面の形を変えるようなイメージです。

 

手術をする矯正法のように急に見えるようになったりはしませんが、
レンズが目の表面の屈折率を少しづつ変えていくので、徐々に目が良くなってきます。

 

だいたいの医院では1週間程度のお試し期間があって、
良ければ購入するかどうかを決められるようになっています。

 

ただ、こちらも最新治療法なのでレンズ代はお高めです。。。

 

眼内コンタクトやオルソケラトロジーのように、目の負担を極力少なくした視力矯正方法も
出てきていますので、裸眼で良く見えるようになりたいなら検討してみるといいと思いますよ^^

 

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加

視力矯正で安全な方法|メガネ・レーシックに代わる矯正法も記事一覧

jinsとzoffはどっちが良いか?ブルーライトカット率と老眼鏡に差

最近は数千円で度つきの眼鏡を作ることができるようになってきましたね。度が入っていないタイプだと5,000円以下でも作ることができて驚きです。特に毎日パソコンやスマホをよく見る生活をしていると、パソコンから出るブルーライトの影響もあって目の疲労がかなり溜まります。そんなブルーライトを軽減するメガネがj...

 

メガネで目が疲れるのはなぜ?フレーム位置や度数を再チェック

せっかくメガネを作ったのに、メガネをかけると疲れる…ということはありませんか?「メガネをかけると目が疲れる」ならば、メガネの調整がうまくいっていないはずです。まず、メガネのレンズの位置はあっていますか?左右の目の感覚は人によって違います。メガネのレンズは瞳の中心が真ん中にきた時に正しく矯正できるよう...

 

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問