オサート 近視 視力回復

Sponsored Link

オサートで近視の視力回復するのか?|強度近視でも矯正できる

このエントリーをはてなブックマークに追加   

「夜、つけて寝るだけで視力が回復する」というコンタクトの「オサート」ですが、
どんなコンタクトなのか気になりますよね。

 

オサートは金スマやエチカの鏡など、
テレビでも複数取り上げられて人気が出てきています。


オサートは装着することで角膜の表面にクセをつけ、角膜の屈折率を変えることによって
眼の中の像が結ばれる位置を調整して視力を回復するコンタクトです。

 

一般的なコンタクトのように、レンズを通して見るためのコンタクトではなくて
レンズで角膜にクセをつけるのが目的なので日中は使えません。

 

日中の目を使っている間ではなく、夜寝ている間の目を閉じているときに
コンタクトをつけることで角膜の形を矯正しているのですね。

 

オサートはレーシックなどの角膜にメスを入れる方法とは違うので、
使い始めたらすぐに目が見えるようになる、というわけではありません。

 

角膜にクセをつけて屈折率が変わらないと見えないので、
角膜にクセがつくまでに少し時間がかかります。

 

また、近視だけでなく老眼が進行していたり、左右の視力が違っていたり、
複合していろんな症状を持っている場合は、定期的に装着状況と経過を観察して
レンズの形を変更していくようにします。

 

コンタクトの装着に慣れれば、1〜2週間ほどで視力自体は良くなる人が多いですが、
視力を安定させたり微調整するために数カ月かけて調整していきます。

 

近視だけど老眼が進行していたとしたら老眼に対応したレンズを。
左右の視力差に違和感が出てきた場合は片方を調整するなどして随時、
自分の目に合った形に変えていけるのがメリットです。

 

もう一つ、オサートには嬉しいメリットがあります。


 

オサートと同様に夜付けて寝るコンタクトとして「オルソケラトロジー」があります。
オルソケラトロジーもオサートと同じ原理で角膜の屈折率を変えるレンズなのですが、
オサートの方はより強度近視な人にも対応できるのがポイントです。

 

オルソケラトロジーは-4.00D(ジオプター:ジオプターは近視の状態を表す数字です)までの人しか
効果がないと言われています。

 

-4.00Dは裸眼視力で言えば0.1くらいの近視です。

 

オサートが開発されたアメリカではこの程度の近視が一番多いのですが、
日本ではもっと強度な近視の人が多いので、適用出来る人が少ないのが現状です。

 

例えば0.05の人が0.1になってもあまり変化がないのでコストパフォーマンスが悪いですよね^^;

 

オサートは-4.00D以上の強度な近視の人にも効果がでるレンズなので、
0.1以下の近視が強い人にとっては視力回復治療の選択肢が広がっています。

 

オサートは通常のコンタクトとは違う形状をしているので、慣れるまでちょっとかかるかもしれませんが、
レーシックが怖い人や裸眼で過ごしたい人は検討してみても良いんじゃないかなと思いました。

 

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加

オサートで近視の視力回復するのか?|強度近視でも矯正できる記事一覧

円錐角膜はオサートで視力回復できる?クロスリンキングと併用を

円錐角膜は角膜の表面が徐々に飛び出してきて薄くなり、ゆがんで凸凹ができることで視力が低下する病気です。裸眼視力だけでなく、矯正視力も落ちます。夜間に街灯や車のライトがまぶしく感じたり、街灯の周りに光の輪が見えることもあるでしょう。円錐角膜があるとレーシックもできないので、ハードコンタクトなどで対応す...

 

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問