レーシック 後遺症 遠視

Sponsored Link

レーシックの後遺症で遠視になった 老眼鏡で応急処置は可能

このエントリーをはてなブックマークに追加   

レーシックの手術後、良く見えるようになっても、
近くが全然見えにくくなって苦しんでいませんか?

 

遠くを見るのは良くても、手元の本を読んだり、パソコンで仕事をしたり・・・といった
近くをみようとするとピントが合わず、なかなか見えないので一苦労だと思います。


こんな見え方では仕事にならないので、かなり困っていらっしゃるんじゃないでしょうか。

 

このように、ピントが遠くに合っているのは、
かなりキツめに矯正されて、遠視になっていると思われます。

 

遠視といっても30歳後半以上の年齢でなくても、20代など若くてもおこります。

 

レーシックをしたから老眼に気がついたという人もいますが、
若いならば遠視でしょう。

 

たとえば、手術前の視力検査ではどのように見えていたでしょうか?

 

矯正視力を1.5とか、かなり強く矯正したいと病院に伝えたりしていると
そのとおりに強くされてしまうことがあります。

 

実はあまり強く矯正するよりも、少し近視が残るくらいのほうが
身体の負担が少なかったりします。

 

流れ作業のように手術を行うようなクリニックだと、
こうした細かい説明や医学的なアドバイスが行き届いてない場合があるのです。

 

本当はクリニック側は、遠視を含めた様々な後遺症の可能性について
手術前に伝えなければなりません。

 

その説明を怠っていたと思われるので、まずは手術を行ったクリニックに相談しましょう。


 

クリニック側は手術前に書いた誓約書をたてに、「後遺症も了承済みのはず」
といってとりあってもらえないかもしれません。

 

しかし、書面に書いていない症状や説明をうけていない症状が出ているのはおかしいとして
病院側に伝えてみましょう。

 

もし再手術ということになっても、説明不足だった点があれば
そこは責任をはっきりしてもらってあなたの眼のためにも不利にならないようにしてくださいね。

 

そうはいっても、たちまち今、見えにくくて困りますよね。
めまいがしたり、頭痛や肩こりに悩まされたりと身体の不調も出てくると思います。

 

当面の応急処置として、100円ショップの老眼鏡で対処することも可能です。

 

遠視と老眼は原因は違っても、見え方は似ているので、
老眼鏡を使えば近くのものが見えやすくなります。

 

100円ショップの老眼鏡は度数の区切りも大雑把で、レンズもあまり良くないので
常用するのには向きませんが、ちょこちょこと近くを見るだけなら使えますよ。

 

術後半年から一年は、視力が安定せず身体に不調がおこることも多いです。
これが一時的な不調で、徐々におさまって安定してくることを願っています。

 

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問