暗い 部屋 視力

Sponsored Link

暗い部屋で本を読むと視力が落ちる?目のタイプで対処法に違い

このエントリーをはてなブックマークに追加   

暗い部屋で本を読むと目が悪くなる、とよく言われますよね。

 

でもその根拠はなぜなのか、
きちんと理解している人はどのくらいいるのでしょうか?


 

多くの人がなんとなく「暗いところでは見えにくいから」とか、
照明と見るものとに関係があるだろうと思いながらも、
なんとなくのレベルで理解しているんじゃないでしょうか。

 

実は「○○すると目が悪くなる」「○○すると目が良くなる」という話には
真偽がはっきりしないものも多いものです。

 

夜寝る前に本を読んだり、
子供に本を読み聞かせたりしていませんか?

 

特に、読み聞かせをしているお母さんなどは、寝る前なので照明は暗めにしたいけど、
暗い中で本を読んだら目が悪くなるんじゃないかと心配…と思っているかもしれませんね。

 

実は目のタイプによっては、
部屋の明るさの影響を受けにくい場合があるのです。

 

目のタイプごとにご紹介しますね。

 

■近視の人

 

近くにピントが合っている近視の人は、裸眼で文字が読めるのであれば
目がピント合わせを頑張る必要がないので、手元のライトだけでOKです。

 

本の周囲が暗くても目は疲れません。
手元が良く見えるメガネをかけている人も、近くにピントを合わせやすいので大丈夫です。

 

■老眼の人

 

老眼は、近くを見るためにピント調節をしても、なかなか目のピントは合いません。

 

でも老眼鏡をかければ、近視と同様に文字にピントが合っているので、
本の周囲が暗くてもOKなのです。

 

■目が良い人

 

暗い部屋では瞳が大きくなって、ピントの合う範囲が狭くなるので、
通常よりしっかりとピント合わせをする必要があります。
そのため、目が疲れやすくなってしまいます。

 

逆に、部屋を明るくすればピントが合わせやすいので、楽に本が読めるのです。

 

目が良い人にとっては、暗い部屋は視力を落とす原因になりやすいです。

 

■遠視

 

近くを見るためにピント合わせを頑張っている目ですから、
疲れ目になりやすいです。

 

暗い部屋では瞳が大きくなって、
いつも以上にピント合わせを頑張る必要があります。

 

結果的に目の筋肉が疲労しやすく、眼精疲労が進んでしまいます。
逆に明るい部屋ならば、ピントが合わせやすく文字が読みやすくなります。


 

このように、近くにピントが合っている目の場合には手元が明るければOKで、
目が良かったり、遠くにピントが合っている目の場合には、
目がピント調節を頑張らないといけないので、視力が落ちやすいのです。

 

どのタイプでも、基本的には部屋が暗いと瞳が大きくなり、
焦点深度が浅くなる(ピントが合う範囲が狭くなる)ので、
ピント合わせで目は疲れてしまいます。

 

ですが、本の文字にピントを合わせられる目や、メガネなどを使用した状態なら
そもそも文字にピントが合っているので、部屋全体が暗くても
文字の周囲さえ明るければ目の負担は少ないのです。

 

目のいい人でも、手元にピントを合わせられるメガネをかけた読書なら
部屋を明るくする必要はないんですよ。

 

老眼鏡で本を読んでいる中高年の人は、読書灯だけで読書してもOKです。

 

子供に読み聞かせをしてあげているお母さんも、
子供の成長のためには暗い部屋で寝るほうが良いので
天井の照明は消して、手元にスタンドを置いて読んであげればOKです。

 

その時、なるべく子供に直接光が当たらないように、
スタンドの光を床や壁に向かって当てると良いですね。

 

子供には文字を読ませず、目を閉じてイメージさせるようにすると
目にも想像力を育むのにも良いですよ。

 

自分の目のタイプに合わせて、本の読み方も工夫すれば
視力を落とさずに本を読むことができるでしょう。

 

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問