緑内障 目薬 まつ毛

Sponsored Link

緑内障の目薬でまつ毛が伸びる|副作用を美容に使うなら慎重に

このエントリーをはてなブックマークに追加   

緑内障の目薬を使うとまつ毛が伸びるという噂をご存知ですか?

 

まつ毛美容の中で、緑内障の目薬やその成分が話題になっていますよね。


化粧品メーカーが出しているまつ毛育毛剤を使ってみても
意外とまつ毛が伸びないな〜と思われることも多いと思います。

 

何カ月もかかったり、育毛剤も何本も使ってやっと、
まつ毛が伸びたり、濃くなったような気がする程度になりがち。

 

もともと緑内障の目薬で眼圧を下げる効果がある「ルミガン」ですが、
副作用としてまつ毛が伸びるということが言われています。

 

緑内障に効果がある目薬にはいくつかあって、
プロスト系の目薬にはそういった副作用があります。
例えば、キサラタン、タプロス、トラバタンズ、ルミガンなどです。

 

もちろん本来は緑内障の患者さんが点眼することで、
眼圧を下げて治療する目薬ですが、どれも開発した製薬会社が違っています。

 

その中でもルミガンを作った会社が、その副作用を逆手にとって、
そのまま同じ薬を美容目的で「ラディッセ」として売り出したことから始まっています。

 

美容液としてルミガンより高い値段で売っていましたが、
効果があるので良く売れています。

 

でもルミガンのほうが同じ成分で安いということで、
ルミガンを使う人が増えてきているようです。

 

ルミガンは緑内障の患者さんの診療に必要なら保険が適用されますが、
そうでない場合は自費診療になりますので全額負担です。

 

個人輸入もできるようですが、
だいたい1本3,000円〜5,000円くらいのようですね。

 

いきなり眼科に行ってルミガンを売ってくださいと言っても売ってはくれないと思いますので、
個人輸入などで販売されているものを購入するのが現実的でしょう。

 

緑内障でない方が使っても、特に有害な副作用はないようですが、
医薬品ですので使用する場合は慎重に使うようにしましょう。


 

液が体に合わないと、かゆみやかぶれなどの症状が出ることもありますし、
まぶたの生え際以外についた薬が残ると、肌に色素沈着して黒くなるようです。

 

使うにしても、液はきちんとふき取らないといけませんね。
目の周りがパンダのようになってしまいます><

 

すでに色素沈着してしまった肌は回復が難しいようなので、
利用法には注意して、黒くなって欲しくないところには液が残らないようにしましょう。

 

塗布する際にはリップブラシや歯間ブラシの先に少量の液をつけて塗ると
余計な箇所に液がつかずに、必要なところだけつけることができますよ。

 

医薬品ですので、美容目的で販売されているもの、そうでないものに関わらず、
できれば販売前にお医者さんによる検査を受けたりして、
安全を確認しながらの利用ができればいいなあと思います。
(現在はそういうフォローはありません)

 

眼科によってはまつ毛育毛の目的でルミガンを処方するところもあるようですが、
まだ全国的には少数です。

 

緑内障でない方が美容目的で使うのはあまり好ましいことではないですが、
使い方を守って慎重に利用するようにしてくださいね。

 

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問