目薬 差し方

Sponsored Link

目薬の上手な差し方 漏れたり失敗しないのは目尻から◎

このエントリーをはてなブックマークに追加   

目薬が上手に差せずに、目の外に落ちてしまったり、
差す量が多すぎて漏れてしまったりしていませんか?

 

目薬は子供の頃から使う機会も多かったと思いますが、
正しい差し方を教えてもらうことは少ないんじゃないでしょうか。


人に聞いてもみんな言うことが違っていたり、
やり方が違っていることがあると思います。

 

どの方法にも共通していることは

  • 点眼液が目の中に入ればよい
  • 1滴点眼する
  • 点眼液を目になじませる

といったポイントです。

 

人によっては「まぶたをめくって点眼するのがよい」とか、
目頭は押さえたほうがいいとか言われていますが、
基本はこのようなポイントを押さえていればOKです。

 

たとえば、目薬の正しい差し方は次のような方法があります。

 

1.手を石鹸と流水で良く洗う。
手や爪には多くの雑菌が繁殖しています。
雑菌がついたままの手で、目や点眼液に触れると雑菌が目に入る危険があります。

 

何よりもまず、手を洗うことが大切です!

 

2.目薬の差し方は、下まぶたを下に軽く引き、1滴点眼します。
目薬から出る1滴は、目の表面に行きわたる量に調整されているので、
足りない気がするからと言って何滴も落とす必要はありません。


市販の安価な目薬なら、少々多めに使っても問題ありませんが、
緑内障の治療薬のように高価で一生継続して使うような目薬の場合は
2滴差せば2倍のコストがかかります。

 

ムダに差しているうえに、コストに大きな差が出ますので
目薬を差すときは1滴で十分ですよ。

 

また、点眼するときは容器の先が目やまぶたに触れないようにすることが大切です。

 

容器の先に目やまぶた、まつげなどに触れると、
目の周りについている細菌や汚れが付着したまま容器の中の目薬に
逆流してしまうこともあります。

 

そうなると、目薬の点眼液すべてが雑菌に汚染されてしまいますので、
目薬の容器が目にひっつかないようにしましょう。

 

これと同様の理由でもありますが、他人の目薬を使ったり、
自分の目薬を他人に貸したりしないようにしましょう。

 

3.点眼後はまぶたを静かに閉じます。
 まばたきをせずに約1〜5分ほど目をつぶった状態を保ちます。

 

 目頭に目と鼻とをつなぐ管があるので、目頭を圧迫して押さえておくと
 点眼液が鼻に抜けずに瞳全体に広がりやすくなり、
 薬の滞留時間が長く保てるので効果的です。

 

4.あふれてしまったら清潔なティッシュやガーゼで拭きます。

 

目薬を点眼するときにはいくつかのやり方があります。

 

涙袋の下を片手の指で押えながら差す方法や、げんこつを作って押す方法、
点眼している手の薬指を小指で下まぶたを引き下げて差す方法などがあります。

 

差す場所も黒目の上でなくても、目頭や目の橋から点眼して、
目をつぶってなじませれば、どこから点眼しても効果は同じですよ。

 

うまく差せないのは高い位置から目薬を落としているのかもしれません。

 

目薬の容器に当たらない程度に目の近くから差すようにすると、
上手に差すことができるので試してみてくださいね。

 

 

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加

目薬の上手な差し方 正しい点眼方法と順序を守れば効果が高まる記事一覧

市販の目薬は防腐剤が入って危険?安全な点眼液の選び方

「防腐剤が入った目薬は目に良くない」と聞いて、どの目薬を選べばいいか困っていませんか?健康番組やネットで、目薬の防腐剤の影響についていろいろ情報が出ているので「防腐剤=危険」というイメージが出来ているかもしれません。市販の目薬の多くは、防腐剤などの添加剤が入っていることがほとんどです。防腐剤が入って...

 

充血に効く目薬に注意!使い過ぎはかえって慢性化する可能性

目を使いすぎて疲れたりすると、白目が充血してコワい顔になってしまうので困っていませんか?徹夜明けや睡眠不足、長時間のパソコン作業などが続くと、目に疲労がたまり、目が充血してしまいます。早くスッキリきれいな目にしたくて、充血に効く目薬はどれだろうか?と探しているんじゃないでしょうか。ドラッグストアに行...

 

目薬の選び方 薬剤師さんに聞くか自分の症状にあった成分を選択

ドラッグストアに行くと、目薬のコーナーにはいろんな種類の目薬が売っているので、正直、どれを選んで良いのか迷いますよね。安いものなら200円くらいであるのに、高いものだと1,800円くらいの目薬もあります。この値段の差は何だろう?私にはどの目薬が合うの?と疑問に思ったことはないですか?確かに目薬は、目...

 

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問