乱視 治す

Sponsored Link

乱視を治す方法|メガネかハードコンタクトで矯正するのが良い

このエントリーをはてなブックマークに追加   

視力を調べたら、「乱視がかなり入ってますね」と
診断されたことはありませんか?

 

乱視は屈折の異常の中でも「治療で治す」というのが難しいので、
矯正をして見えやすくするのが一般的です。


近視よりも乱視の度合いがキツいと、頭痛や肩こりなど体調面に影響が出てきます。

 

そのため、乱視を矯正したら
ひどい頭痛や肩こりがスッキリ解消したと言う人は数多くいます。

 

もし、目が原因で体調不良を感じているなら、
乱視を矯正すると変わるかもしれませんよ?

 

乱視は目の水晶体や角膜の屈折異常の一種なので、
近視や遠視に付随しておこることがほとんどです。

 

乱視を治すのに一般的で手軽なのはメガネです。

 

視力の状態によって、近視+乱視用のメガネや
遠視+乱視用のメガネを作ることになると思います。

 

メガネは一番安く作れますし、比較的ランニングコストもかかりません。
目に触れないので衛生面でも安心です。

 

デメリットとしてはハードコンタクトによる矯正などよりも
見え方に違和感が出やすいことです。

 

少しでも違和感を減らすには、
熟達した技術を持つメガネやさんでメガネを作るのが良いです。

 

メガネを調整する技術は見え方にかなり影響してくるので、
腕の良いメガネ屋さんを探してみるといいでしょう。

 

あとは物理的に温かい物を食べると曇るとか、汚れをふくのが面倒とか、
運動するとき危険とか…はありますが、
これは乱視に限らずメガネのデメリットになりますね。

 

また、乱視の目の見え方は縦方向と横方向にぼやけ方が違ってくるので、
近視だけを矯正したメガネだと矯正できてない方向は
ダブって見えてしまうこともありえます。

 

縦横両方の見え方をしっかり矯正してもらうよう、
納得できるまで調整してもらってくださいね。


メガネが使いにくいようであればコンタクトという方法もあります。

 

コンタクトはハードコンタクトタイプが乱視矯正には向いています。

 

ハードレンズの良いところは、

  • 目が呼吸しやすいこと(酸素を通す)
  • 乱視が矯正されやすい
  • 値段が安い

 

というところです。

 

ただ、ハードコンタクトが得意とする乱視は目の表面のレンズのばらつきに対してだけです。

 

ハードコンタクトレンズをつけると、目の表面のレンズに間に涙が挟まるので、
涙がレンズの代わりもします。

 

その涙が目の表面のばらつきを相殺するので、
乱視が矯正されやすくなるということです。

 

コンタクトによる矯正は目の表面のばらつきが原因の乱視に対しては効果が高いですが、
目の球体(水晶体)のばらつきに対しては効果がありません。

 

そのため、目の球体のばらつきがキツいほどハードコンタクトを入れることで
乱視の症状がひどくなることもあり得るので要注意です。

 

そういう場合は乱視用のハードコンタクトを利用しましょう。

 

乱視用のソフトコンタクトもありますが、極力ハードのほうがおすすめです。

 

乱視がひどくて治したい時は、メガネかコンタクトで矯正をして
症状を軽くして対応しましょう。

 

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加

乱視を治す方法|メガネかハードコンタクトで矯正するのが良い関連ページ

乱視でもソフトコンタクトはできる?
乱視のソフトコンタクトがずれる

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問