レーシック 老眼 影響

Sponsored Link

レーシック手術後に老眼になった時の影響|後に老眼鏡は必要に

このエントリーをはてなブックマークに追加   

近視でコンタクトを使っているとケアや買い替えが面倒…
レーシックに興味はあっても、そろそろ老眼になりそうな歳なので、
老眼への影響が心配だなあと思っていませんか?


老眼の進行とレーシックとは、目の見え方の問題ではありますが、
それぞれ別問題として考えなければなりません。

 

レーシックは角膜の屈折率を変えて近視を治す手術です。

 

一方、老眼は目の筋肉の衰えによって調節力が衰えることなので、
起こっている場所が違います。

 

「レーシックをしたら老眼が進んだ(ひどくなった)」というのを
聞いたことがあるかもしれません。

 

これは、レーシック手術を行うことで角膜上で屈折率を変えることで近視が治っても、
老眼によって水晶体の厚みを変える筋肉が衰えているので、
近くを見ようとした時に水晶体のピント調節がしづらいからなんですね。

 

近視の時は、そもそも近くしか見えない屈折率の目だったので、
水晶体の厚みを変えてまで近くのものを見る必要がなかったんですね。

 

ですが、レーシックで近視を治してしまうと、遠くは見えるようになったけれども
近くを見る時は目の調節力を使って見なければなりません。

 

老眼が進んでいたならば、近くはレーシック前より見えにくくなってしまうでしょう。

 

これは単に、近視のお陰で筋肉の衰えに気が付かなかっただけなんです。

 

正確には「今まで気がついてなかった老眼に
気づきやすくなる」という感じでしょうか。

 

そのため、目としてはレーシックによって老眼が進むわけではありません。

 

結局、レーシック手術したとしても老眼になったら老眼鏡が必要になります。
それは裸眼でよく見えている人でも一緒ですよね。

 

メガネやコンタクトを使うのが煩わしいから、という理由でレーシックをされるなら、
相応の年齢がきたら老眼鏡はかけることになると思うので、心づもりをしていた方がいいでしょう。


 

レーシックは遠くが見えるようにする手術なので、中高年で近視の人がレーシックをすると、
近くを見る視力にかなり影響が出るケースが多いんです。

 

クリニックでは「老眼鏡が必要になるかもしれません」くらいの軽い言い方だったりするので
大したことないのかなと思っていたら、実際は予想以上に老眼が進んでいて
近くがかなり見えにくくなった…という方もわりといらっしゃいます。

 

老眼に差しかかる年齢の方は近視のレーシックには注意が必要です。

 

老眼鏡のつけはずしが面倒だなと思われるなら、
老眼を矯正する手術やレンズもあります。

 

老眼を感じるようになられたらこちらのページも参考にされたら良いと思います。

 

>>老眼矯正治療でメガネが不要に

 

メガネが面倒であれば遠近両用コンタクトという方法もあります。

 

ただ、コンタクトレンズも10代、20代から使っている等で長く使われているようなら、
今後はあまり装用し続けられないかもしれません。

 

コンタクト(特にソフト)を使い続けると、目の角膜の細胞が少しづつなくなっていくので、
20年以上はコンタクトを使い続けない方がいいと言われています。

 

ご自身の目の状況を踏まえながら、快適に見える方法を見つけてみてくださいね。

 

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問