疲れ目 症状

Sponsored Link

疲れ目の症状はさまざま|眼精疲労になる前に適切なケアを

このエントリーをはてなブックマークに追加   

一言に「疲れ目」といっても人によって様々な症状が出ます。
目に現れる症状をはじめ、体のさまざまな場所にも影響がでてきます。

 

それぞれの症状から、眼精疲労などのリスクについて考えてみましょう。


 

1.目の見え方の異常

 

長時間、細かい作業をし続けた後に、ものがかすんで見えたり、
近くをずっと見ていて遠くに視線を移した時に焦点が合わなかったりします。

 

目の疲れが溜まるとものが二重に見える「複視」になることもあります。

 

こういった見え方の異常が疲れ目の中で一番多く見られます。

 

2.目の痛み
目の奥が重苦しかったり、鈍い痛みを感じたりします。

 

目の疲れが激しい時には、ズキズキとした痛みを感じることも。

 

私の場合は目が疲れると目が痛いことが一番多いです。

 

3.光の感じ方の異常

 

疲れが蓄積するとふだんと同じ照明が異常に明るく感じることがあります。
太陽光がまぶしくて目が開けにくくなることもありますね。

 

4.目の乾き

 

長時間、細かい文字を見続けた時などに、目の乾きを感じることがあります。

 

じっと凝視することで極端にまばたきの回数が減って、
目の表面が乾きやすくなることがおもな原因です。

 

疲れ目が原因となって、目以外にも
身体のいろいろなところに疲労の症状が現れます。

 

肩こりや首のコリ、腰痛などもひき起こします。

 

目の疲れがひどくなると頭痛や吐き気などの症状があらわれることもあります。


 

部分的な疲労だけでなく、全身が疲れやすかったり、
原因のはっきりしない倦怠感があったりと、不調を感じることもあります。

 

肉体労働をしたときも疲労したり、筋肉痛が出たりしますが、
それと同様に目も酷使すれば疲労が溜まりますし、
痛みや見え方の異常などが現れてきます。

 

目も身体と同じように疲れを解消しないと、
目が酷使され疲労が蓄積されてしまいます。

 

疲れ目の症状は目にとっての「休め」のサインだと思って、
小まめに休息を与えてあげましょう。

 

目の疲れも早い段階でケアすることが大切です。

 

目を使ったあとに起こる疲労はごく当たり前の現象なので、
症状も軽く一時的です。

 

そのため、目を休ませればまた元通りの状態に戻ります。

 

ですが、毎日忙しく睡眠もあまりとれないなどで目を酷使しすぎると、
疲労は解消せずに蓄積されるようになってきます。

 

目がいつも重いとかスッキリしないとかの症状があるときは、
疲れがたまり始めていると考えて気をつけましょう。

 

目の疲労が軽いうちは一時的だった疲労も、
慢性化してくると少しくらい休ませても症状が消えず、
不快な症状が複合的にあらわてきます。

 

疲れ目は放置せず、できるだけ早めのケアが大事ですね。

 

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問