アトピー 白内障

Sponsored Link

アトピーの人は白内障の検診を|ステロイドより外的刺激が原因

このエントリーをはてなブックマークに追加   

白内障は加齢が主な原因ではありますが、年齢に関係なく
生後すぐや幼児期以降に起こる白内障もわずかにあります。

 

その他、アトピー性皮膚炎が原因でおこる
「アトピー性白内障」もあるんです。


アトピーと白内障との関係性はまだ不明なところが多いですが、
顔の皮膚炎にかかっている時間が長い人ほど、
また顔の皮膚炎がひどい人ほど白内障を起こしやすいと言われてます。

 

思春期や大人になるまで皮膚炎が長引いたり、
思春期以降にひどくなったアトピーの人は目の病気を起こす人が多いようです。

 

その他、アトピーの人は網膜剥離を起こすリスクも高いらしいです。

 

アトピー性皮膚炎に伴う目の病気としては、アレルギーによる眼けん皮膚炎、
まぶたの裏の結膜が石垣のように盛り上がる春季カタル、円錐結膜などがあります。

 

アトピー性皮膚炎の人は皮膚がかゆいために
目元を掻いたり、こすったりしがちです。

 

この物理的な刺激が原因でこういった症状が起こるのでは?
とも言われています。

 

病院の先生によると、アトピーの白内障患者さんは10代〜20代で発症する人が多いため、
白内障の進行も早めとのこと。

 

数カ月で急速に進行してしまうので、
視界が見えなくなってきたら手術を考えなければいけなくなります。

 

特に、利き手と同じ側の目が白内障の進行が早い傾向にあります。

 

症状も一般的な白内障は水晶体の外側から中央に向かって症状が進みますが、
アトピー性白内障は中央部分から外側に向かって進みます。


 

アトピーの場合はステロイドを使ったことで白内障になるリスクがあるのでは?
と言う人もいますが因果関係についてははっきりしていません。

 

ステロイドを使ったことで発生する副作用は白内障より緑内障の方が多かったり、
ステロイドだけで治療している人は緑内障になる率が低かったりと、
矛盾な点も多いので、ステロイドとの関係は今のところないとされています。

 

アトピー性白内障の予防法としては、こすったり叩いたりしないようにするのが一番です。

 

ステロイドとの関係も気になりますが、一番の原因としては
直接目に傷をつけてしまう外傷説が原因として有力なので、
外的刺激を避けることが一番です。

 

アトピー性白内障の治療法としては、手術が主流です。

 

老人性の白内障と同じように、超音波水晶体乳化吸引術で手術をしますが、
若い人は水晶体の核が硬くはなっていないので、超音波はあまり必要ありません。

 

眼内レンズを入れることで視力の調整を行います。

 

この眼内レンズも遠くか近くかどちらかにしかピントがあわないので、
手元用か遠くを見るため用かのいずれかはメガネが必要だと思っておくといいでしょう。

 

白内障になってしまったら不便にはなりますが、最近は手術で解消できる症状ですので、
アトピーだからと皮膚科ばかりではなく眼科での検診も時々は行っておきましょうね。

 

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問