リレックス 手術 安全

Sponsored Link

リレックス手術は安全な近視治療か?ドライアイになりにくい方法

このエントリーをはてなブックマークに追加   

リレックスはレーシックのように角膜を切開することで視力を矯正する、
最新の近視矯正治療です。

 

レーシックに興味はあるけど、術後の後遺症が心配で
手術を受けるのが怖いと思っている人や
ドライアイが気になる人にはおすすめな治療法です。


ReLEx(リレックス)とは、「Refractive Lenticle Extraction」の略称で、
現在はリレックススマイルが主流となっています。

 

ちなみに、リレックスとリレックススマイルは別物で、
リレックススマイルが最新の近視矯正手術です。

 

レーシックとの違いはまずフラップを作るかどうか。

 

レーシックは角膜の表面にフラップと呼ばれるフタを作り、
その中にレーザー照射をして、フタをして戻す。という手術になります。

 

一方、リレックススマイルは、そもそもフタをつくりません。

 

角膜の一部を切開し、角膜の内側を切り抜いて抜き取る
というような手術です。

 

抜き取る開口部は2mm程度で非常に小さいため、
副作用が起こる割合が少なく、ドライアイにもなりにくいので
レーシックよりも安全な視力矯正手術として注目されてきています。

 

レーシックは切開する箇所が20mmくらいになってしまうのに対して、
リレックスは2mm程度なので断然小さいのが特徴です。

 

そのおかげで痛みも少なく、術後の視力回復が早いと言われています。

 

また、レーシックはフラップを作成するときに角膜の知覚神経をきるので
涙の量が減ってしまい、ドライアイになりやすかったのですが、
リレックスは知覚神経を傷つけないのでドライアイにはなりにくいです。

 

副作用である「ハロ」「グレア」にもなりにくいと言われています。

 

ハロやグレアの原因はフラップの切断面に問題が生じたときにおこります。

 

例えば、フラップの断面が完全に引っ付いていないと、
ゆがみやくもりが生じるため、ハロやグレアの症状が起こります。

 

また、フラップの切断面に段差が出来ていると、
光が乱反射してしまうのでまぶしく感じてしまうのです。

 

リレックスはそもそもフラップ自体を作らないので、
こうした症状は大幅に軽減されます。


フラップを作らないことで生じるメリットは他にもあります。

 

レーシックだとフラップが完全にひっつく前に目の圧でフラップに力がかかり、
角膜のカーブが変わってしまうことがあり、こうなるとまた近視に戻りやすくなります。

 

ですが、フラップを作らないのでそのようなことはありません。

 

格闘技やプロのスポーツ選手など、激しいスポーツをする人でも、
フラップのズレを気にする必要がないので、リレックスが向いています。

 

これだけ見ると、リレックスのほうがメリットが多くて、
レーシックがイマイチに見えてくるかもしれませんね。

 

リレックスのデメリットと言えば、最新技術ということもあって
費用が非常に高いです。

 

最近のレーシックは10万〜20万程度で手術ができるものの、
リレックスは30万以上するメニューがほとんどです。

 

今後、リレックスが普及してくれば価格も下がってくるかもしれませんが、
最新技術のため、どのクリニックもそれなりな費用がかかると思っておいた方がいいでしょう。

 

また、リレックスはくりぬいている状態に近いため、再近視になったとしても、
全く同じ術式で手術をすることが出来ません。

 

そのため、術後にまた近視が進んでしまった場合は、
レーシック手術で角膜をけずって矯正しなければなりません。

 

考え方によっては、リレックス手術をして視力が戻ってしまったとしても、
レーシックができる可能性があるからいいや、と思うかもしれませんね。

 

しかし、フラップを作ってしまうなら、最初からリレックスにする必要もありません。

 

リレックスの場合は再近視となっても
再手術はあまりできないと思っておいたほうがいいでしょう。

 

 

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問