視力回復 マッサージ

Sponsored Link

視力回復するマッサージ方法 目と全身の指圧で血行促進が効果的

このエントリーをはてなブックマークに追加   

視力回復する方法の一つに、マッサージがあります。

 

疲れ目にマッサージが良いというのはよく知られていますが、
目と全身のマッサージをすることで視力も回復することが分かってきました。


私たちの目は酸素不足が原因で、視力に大きな影響を与えているので
目の酸素不足を解消するためにも、血行を良くするマッサージが効果的です。

 

目はまばたきを1日2万回近く行っていて、眼筋は10万回以上も動きます。

 

人間の体の中で、これだけ動き器官はほかに心臓くらいしかありません。

 

眼の筋肉は心臓と同じくらい、毎日酷使しているのです。

 

筋肉は運動すると乳酸がたまります。

 

大量の乳酸の代謝よりも蓄積するほうが上回ると、
視力に影響が出ると言われています。

 

酸素不足になると疲れが取れなくなって機能が衰えるのですね。

 

そのため、これだけの活動をこなすには、血液を十分に巡らせて
目に常に酸素を送り込む必要があるのです。

 

そのためには目と全身のマッサージが効果的です。

 

「え?目の周りだけじゃないの?」と思うかもしれませんが、
目の周りだけマッサージするのは一時的な疲労回復です。

 

全身の血行を良くすることで、酸素の供給量や増えて持続し、
視力回復につながるのです。


 

まずは目の回りを指圧しましょう。

 

<目の周りの指圧>

  1. 人差し指から小指までの4本をそろえて、

    眉間からこめかみへまつ毛の上に沿って軽く押して移動させます。

  2. 同様に目の1センチ下を目頭から目尻に向かって軽く押して移動させます。
  3. こめかみから頭頂部に向かって、1〜2cmづつずらしながら指で押していきます。

 

目の周りと同様に、腕や足、つま先も指圧すると効果的です。

 

<腕の指圧>

  1. 手首からひじまでを、反対の手の親指で軽く押しながら

    少しづつ移動させます。

  2. 腕の表と裏の両方行います。

    腕の外側の手首からひじに向かって軽くもみながら移動させます。

  3. 次に腕の内側の手首からひじに向かって、

    軽くもみながら移動させます。

 

<足の指圧>

  1. くるぶしからひざまで、ふくらはぎの裏側を軽く押さえながら移動させます。
  2. 足の内側と外側、両方行います。

    最初に、内側のくるぶしからひざに向かって、軽く指で押しながら移動させます。

  3. 次に足の外側を行います。

    ひざからくるぶしに向かって軽く指で押しながら移動させます。

 

<爪先のマッサージ>

  1. 手の指の爪のつけ根の側面を、

    反対の手の親指と人差し指で挟むようにマッサージします。

  2. 人差し指、中指など、他の指も同じようにマッサージします。
  3. さらに指の関節の間もマッサージします。

 

こうしたちょっとしたマッサージをすることで、
血行が良くなり視力が良くなりますので試してみてくださいね。

 

Sponsored Link

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問