黄砂 目がかゆい

Sponsored Link

黄砂で目がかゆい|花粉症と同じようにアレルギー対策を

このエントリーをはてなブックマークに追加   

黄砂で目がかゆい

 

花粉症のシーズンが終わったのにまだ目がかゆい…

 

春になると目やのどの調子が悪い…
といった症状があるなら、黄砂の影響も疑ってみましょう。


最近、西日本を中心に飛来してくる黄砂の影響で、
「黄砂アレルギー」とも言える不調を訴える人が増えています。

 

晴れの日にベランダで洗濯物を干そうとしたら黄色い砂がベランダを覆っていたり、
車のフロントガラスが薄く砂をかぶったようになっていませんか?

 

そういう日には黄砂が飛んできているのだと思います。

 

飛来がひどいときには、遠くの山や街並みをみても
かすんで見えたりするのは黄砂の影響でしょう。

 

黄砂は中国大陸の内陸部にあるゴビ砂漠やタクラマカン砂漠などの砂が
舞い上がり、偏西風に乗って日本に飛んできます。

 

自然現象なので、昔から多少は黄砂が飛んで来ていたはずなのですが、
近年は森林が減少したり、環境破壊が進んでしまって
黄砂の飛来量が増えてきているようなんですね。

 

黄砂は砂だけでなく、大気中の化学物質までひっつけて運ばれてきます。

 

近年の中国での大気汚染のひどさを見れば、
あの粒子を含んで飛んできていると思うとアレルギーが出てくるのも納得です。

 

PM2.5などの汚染物質とも重なって、目のかゆみ、充血、痛みなどの
不調が出てくることがあります。

 

黄砂のピークは3〜5月なので、
花粉症と重なるか花粉症が終わってくる時期です。

 

花粉症の人でなかなか症状が軽くならないなあと思っているなら、
黄砂のアレルギーも併発している可能性も疑ったほうがよさそうです。

 

黄砂の粒子は花粉の1/10のため、花粉症対策のマスクでは
黄砂が通りぬけてしまうため、風邪やインフルエンザ用のマスクでなければいけません。


 

症状としては目のかゆみしか出ていなくても、
花粉症と同じように対策をしておくと症状がやわらぎます。

 

黄砂で目がかゆい

 

目にはゴーグルタイプのメガネをかけておく方が
、症状が軽減されるのでおすすめです。

 

いわゆる花粉症のゴーグルタイプだけでなく、最近は比較的軽くてオシャレな印象の
防塵フレームメガネも出ているので、見た目も良くなってきています^^

 

コンタクトの人はワンデータイプの使い捨てに切り替えてみるのも良いですね。

 

コンタクトに付着した黄砂をしっかり洗い流せてないまま
保存液に漬けて使い続けてしまうと、アレルゲンがいつも目についたままになってしまいます。

 

コンタクトレンズは目を覆っている分、アレルゲンから目を守ってくれやすいですが、
アレルゲンがついたままで使い続けるのは逆効果ですよね。

 

その点、ワンデータイプなら毎日清潔なレンズに取り変えるので、
アレルゲンを減らすことができますよ。

 

コンタクトの人も、度無しのゴーグルタイプのメガネをかけておけば
ダブルで防御できるので最強ですね^^

 

黄砂の飛来時期には、花粉症と同様、
黄砂を肌や衣服に付けないような工夫をして乗り切ってくださいね。

 

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれる記事

ひとみから伝えたいこと

目が悪くなる原因

目のトラブル

子どもの視力

視力回復方法

視力矯正方法

視力矯正クリニック

目の病気

目の疑問